戻る


男性が「ルックスがタイプじゃない」女子を好きになるきっかけとは

人を好きになるのって、様々なパターンがありますよね。

一目惚れが多い人、ある程度仲良くなってから恋愛に発展する人、全然好みじゃなかったのに好きになって好みが変わるパターン、友達だったのにいつの間にか好きになっていたパターン。

特に女性は、「外見より内面」「性格が良い人や、優しい人が良い」と言う人が多いと感じますが、男性はどうなのでしょうか?

もちろん、外見は恋愛に繋がる要素の1つではありますが、外見がタイプでは無い人を好きになる場合、どのようなことや、どんな切っ掛けで好きになるのでしょうか・・・?

とにかく話が合う

一緒に居て楽、話しているととにかく楽しい。そういう人とは、またすぐに会いたくなりますし、何かがあった時に思い出したり、「この話、早く話たいな〜」と思う機会が増えていきますよね。

そして、いつの間にかその人のことを好きだと気付く場合が多くないですか・・?それはきっと男性も同じ。

外見が好みの人は一緒に居てドキドキするし、ずーっと眺めて居られるけど、自分もそれに合う努力をしなきゃと緊張したり頑張りすぎて疲れてしまうことも。

一緒に居て楽しい人は、入りが外見ではないので、好きと気付いてから可愛いところに気付いて行くのかもしれません。

女性からのアプローチ

一目惚れ体質の人に多いのかもしれませんが、自分の好みのポイントがハッキリしている人は、その人だけを見ていることが多く、その他の女性のことはあまり目に入っていない場合があります。

そんな時に女性からご飯に誘われたり、アプローチされて、急に意識をし始めたりすることも。

その人のことを見ていなかった(知らなかった)からこそ余計に気になるし、改めてちゃんと見よう(知ろう)とする。「自分への好意」は時に外見を超える場合があるのではないかと思います。

やっぱりギャップ

見た目がド派手だけど、実はすごく繊細で乙女だったり、おっとりしてそうに見えて、実はいざと言うときにすごく頼りになる存在だったり。

人それぞれ、可愛い系が好き、美人系が好きなど、基本的な好みはあると思いますが、そんなギャップに触れた瞬間、思わず心が動いてしまうことはあると思います。

そして、いきなりそこから好みのタイプがガラッと変わることも。

外見と内面

特に女性は、服装やヘアスタイル、メイクなどで見た目をガラッと変えることも出来ます。

外見が好みのタイプの方が男女共に好きになる、恋愛に繋がる切っ掛けは多いのかもしれません。

しかし、その後、付き合う→結婚となるとまた話は変わってきます。外見ももちろんですが、やはり最終的に人の心を動かすのは、その人自身の生き方や物事の考え方、捉え方なのではないか、と思います。

(愛カツ編集部)

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網