戻る


「台風の前に」期日前投票は大行列 前例なき「1時間待ち」選管もビックリ

さいたま市見沼区の期日前投票所では「60分待ち」に。画像はたの(@tanoppe7)さん提供

写真拡大

超大型で非常に強い台風21号の影響が、2017年10月22日に投開票される衆議院選挙を「直撃」している。投票を1日前倒しにする自治体が相次ぐなど、各地でさまざまな対応に追われている。

台風の影響は、有権者にも及んでいる。期日前投票に向かった人から、投票所に「長蛇の列」ができていたとの報告がツイッター上に相次いでいるのだ。なかには、待ち時間が「1時間以上」の投票所もあったという。

投票日繰り上げ、気象庁も「異例」の呼びかけ

沖縄の南海上を北上している台風21号は、22日に沖縄・南大東島地方を通過し、同日未明から翌23日朝にかけて本州に最も接近する見通し。この影響で、九州・沖縄から東北地方までの広い範囲で、22日未明ごろから大雨になるとの予報だ。

気象庁は21日午後の発表で、台風の接近による激しい風雨の影響で、土砂崩れや洪水などの災害が発生する可能性があると注意喚起。強い雨や風が出ている場合は、不要な外出を避けるように呼び掛けた。

こうした台風の影響が、22日に投開票される衆院選に様々な形で出ている。

離島の自治体では、投票箱を本土に運ぶための船が欠航になる可能性を踏まえて、投票日を前日の21日に前倒しにする動きがあった。日本テレビの報道によれば、繰り上げ投票を行う投票所は、台風の影響で当初の予定より34か所増え、全国で計109か所にのぼる見通しだという。

また、各紙の報道によれば、気象庁の松本積(つもる)主任予報官が20日の会見で、

「事前に投票を済ませた方が安全」

などと、期日前投票を推奨する異例の呼びかけを行った。そのほか、多くの政党や候補者もツイッターなどで、できれば期日前投票を行うよう促す発信をしている。

「停車待ちの車で大渋滞ができた」

こうした呼びかけの影響もあったのか、雨風が強くなる前に投票しようとする有権者は多かったようだ。21日のツイッターに、期日前投票所を訪れた全国各地の有権者から、「行列ができている」との報告が相次いだのだ。

「期日前行ったら、こんな大雨やのに役所の外まで行列出来てて、待ち時間が1時間以上って軽くアトラクション」
「長蛇の列(50分)、、、やはりみなさん考えることは一緒やな」
「期日前来たらめっちゃ行列で、最後尾はこちらでーす!とか案内されてる...」
「期日前コミケ並に並んでるんだが」

そのほかツイッター上では、行列が投票所内ではおさまらず、外で傘を差しながら多くの人が並んでいる写真や、投票所のスタッフが「60分待ち」などのプラカードを掲げるようすを収めた写真などもアップされていた。

東京都の大田区選挙管理委員会の担当者は、21日夕のJ-CASTニュースの取材に対し、

「今までに例がないほどの行列ができているとの報告を受けています」

と話す。また、奈良市選管の担当者も取材に対し、

「奈良市役所では、ピーク時は1時間以上の行列になりました。小さな投票所では、駐車場のスペースが少なく、停車待ちの車で大渋滞ができたとの報告も上がって来ています。私が記憶している限りでは、ここまでの行列は初めてです」

と驚いた様子で話していた。そのほか、J-CASTニュースでは東京・千代田区、福岡市・博多区、名古屋市の選管に取材をしたが、いずれの担当者も「有権者による行列ができた投票所があったことは確か」としていた。

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網