戻る


「大便騒動」新宿駅に続き秋葉原駅でも  利用客が目撃した「衝撃の場面」とは

秋葉原駅でも「大便騒動」が…

写真拡大

「総武線のホームに人糞が落ちている」――。ツイッターでは2017年10月20日18時30分ごろ、JR秋葉原駅の利用客からこのような報告が同時多発的に上がる騒動があった。

複数の目撃者に取材すると、人糞とみられる汚物があったのはJR秋葉原駅の5番線ホーム(総武線・新宿方面行)。「電気街口」改札近くにある階段を上ってすぐの場所に広がっていたという。

踏まれて1メートルほど広がっていた...

折しもこの日、JR総武線は新小岩駅で17時過ぎに起きた人身事故の影響で、上下線ともに一時運転を見合わせるなど大幅にダイヤが乱れていた。

その影響で、18時30分頃の秋葉原駅のホーム上には、遅れた電車の到着を待つ利用客で混雑していた。ツイッターには、「人身事故のせいで秋葉原人で溢れかえってる」「総武線ダダ混み。ホームから人が溢れてる」との投稿が相次いでいた。

こうした状況もあり、今回の「人糞騒ぎ」を目撃してしまった利用客は多かったようだ。ツイッターには、

「総武線5番線のホームが汚い意味で大惨事になってる」
「ただでさえさっきの事故でアレなのに脱糞が」
「総武線、人身事故で異様な空気なってるし、脱糞がホームに置かれててなんかカオス」
「運転見合わせで1時間足止めくらってようやく辿り着いた秋葉原で脱糞現場に出くわして...」

など「悲鳴」のような報告が、少なくとも30件以上が続々と寄せられていた。

現場を目撃したという会社員男性(22)は、J-CASTニュースの21日午後の取材に対し、

「(汚物は)踏まれていて1メートルほどまで広がっていました。また、雨でホームに水気が多かったせいか踏んだ人の歩いた跡が遠くまで付いていました」

と説明する。汚物のすぐ側には人を避けるためのペットボトルが数本置かれており、その近くでは駅の職員が、

「歩きスマホはやめて足元を見ながら歩いて下さい」

などと周囲の利用客呼びかけていたという。

JR東「事態を把握しておりません」

同日の18時15分頃に秋葉原駅にいたという男子学生(19)は取材に対し、

「高齢の男性がホーム上で用を足している姿を目にした」

と説明。高齢男性がホーム上のエスカレーターの近くでズボンや下着を脱ぎ、しゃがみこんで用を足していたところを目撃したという。

ただ一方で、JR東日本東京支社の広報課担当者は、J-CASTニュースの21日昼の取材に対し、秋葉原駅ホームに汚物があったとの騒ぎについて、

「ツイッターを拝見する限り、確かにホームに人糞が落ちているという事態が起きていたのかもしれません。ただ現時点では私どもの方に報告は入っておらず、こちらでは事態を把握しておりません」

と話した。なお、この担当者は、駅構内に汚物が散乱することは「ときどきある出来事です」とも説明。その上で、

「基本的に、ホームや駅構内には清掃業者が常駐していますので、そうしたモノを発見した場合はすぐに適切な処理をすることになっております」

としていた。

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網