戻る


インテル長友の“失態再現”を伊紙危惧 ナポリ戦との首位決戦へ「しばし失神してしまう」

インテル長友の“失態再現”を伊紙危惧 ナポリ戦との首位決戦へ「しばし失神してしまう」

写真拡大

開幕8連勝のナポリと今季無敗同士の対決 長友が犯した過去のミスを伊紙言及

 インテルの日本代表DF長友佑都は現地時間21日の敵地ナポリ戦を控え、イタリアメディアから過去のナポリ戦で犯した失態の再現を危惧されている。

 イタリア紙「ガゼッタ・デロ・スポルト」が報じた。

 長友は前節ACミランとのミラノダービーに続き、絶好調のナポリとの大一番で先発濃厚と見られている。首位ナポリは開幕8連勝の一方、2位インテルは開幕7勝1分と今季無敗同士の対決となる。

 記事では「スパレッティ監督はサイドバック、特にダンブロージオと長友に細かい注意をして、ポジティブな効果が上がっている」と指摘。細かい戦術面の指導を両サイドに施している指揮官の努力は報われつつあるという。

 ニースから移籍金2000万ユーロ(約26億円)でやって来たブラジル人サイドバック、ダルベルトとのポジション争いで優位に立つ長友だが、過去のナポリ戦では衝撃的なミスを犯した過去がある。

「ダンブロージオはアンタッチャブルになってきているが、長友はしばし失神してしまう。長友は無私無欲の自己犠牲で模範的な選手だが、あまりにも集中力を欠くことがある。ナポリ戦でまさに3回も起きた」

ナポリFWを長友一人で止めるのは至難

 記事ではもはや鉄壁の定位置を手に入れたイタリア代表DFダニーロ・ダンブロージオと対照的に、長友のナポリ戦での失態を振り返っている。

「4月にはメアッツァ(インテル本拠地)で、インシーニェのクロスからカジェホンのゴールを許してしまった」

 昨季の本拠地で迎えたリーグ戦では相手のクロスの対応を誤り、背後のスペイン代表FWホセ・マリア・カジェホンにアシストする形でボールを渡すミスを犯し、その試合は0-1で敗れた。他にも2015年2月のイタリア杯(0-1)、同11月(1-2)にも失点に直結するミスを犯している。

 ナポリのFWカジェホンを長友一人で食い止めるのは至難だと記事では指摘。「まさにカジェホンはその動きに加え、高い技術を持っている。悪魔に取り憑かれたスペイン人を食い止めるには、ユウトにはチームメイトからの助けも必要となってくる」と周囲との連係が不可欠と記している。

ポジション奪取へ「ユウトを苦しめる準備」

 レギュラーの座を手にした長友だが、その立場は盤石とは言えないという。記事では「(ダビデ・)サントン、将来的にはダルベルト、そして(ジョアン・)カンセロもいる。非常に集中しているユウトをスタメン争いで苦しめる準備を整えている」と熾烈なポジション争いに触れている。

 レギュラーの座を固める意味でも、長友は首位ナポリ戦で安定感のあるパフォーマンスを見せつけ、自らの存在価値を高めたいところだ。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網