戻る


「オワハラ」で他社の内定辞退を強要する実態


他社の選考辞退を条件に内定を出す「オワハラ」の事例はあとをたたない (写真:StudioR310 / PIXTA)

就職活動で使われる、さまざまな就活用語。用語にはいろいろあるが、登場した時期によって傾向が異なっている。

1990年代前半に生まれたのは、「自己分析」「SPI」「ES(エントリーシート)」などだ。就職準備の場面で使う言葉が多い。その後、「就職活動」を縮めた「就活」という言葉が登場。合同企業説明会を縮めた「合説」や、「GD(グループ・ディスカッション)」など、活動そのものを指す言葉が広まっていった。

ここ10年間でも新しい就活用語が誕生している。「お祈りメール」「サイレントお祈り」「オヤカク」など。就活の準備や活動を指す言葉ではなく、採用結果に関するものばかりだ。そうした言葉の一つに「オワハラ」という言葉がある。今回はオワハラが意味する、就活の裏側について考えてみたい。

2年前の新卒採用で登場した就活用語


オワハラとは「就活終われハラスメント」のこと。企業が学生に対し、就活を終わらせて、自社に入社するよう圧力をかける行為を指す。「就活を終わらせる」とは、イコール、他社の選考への参加や内定を辞退することを意味する。要するに、他社への内定辞退や選考辞退を内定出しの条件にしたり、内定を出した後に強要・示唆したりすることだ。

この10年間に登場した就活用語は、ネット上の学生の書き込みから発生したものが多く、登場した時期が正確にはわからない。しかし、オワハラに関しては、普及していった経緯はわかっている。

2016年新卒採用は、新卒採用の歴史の中でも特記される年であり、政府の要請で、経団連が指針を「4月1日面接選考解禁」から「8月1日面接選考解禁」へと大きく変更した。選考が4カ月も後ろ倒しされたことによって、採用現場が混乱し、学生に対する囲い込みが激化したのである。

そんな状況に警鐘を鳴らしたのが、就職関係者や大学教授らがメンバーに名を連ねる、NPO法人DSS。彼らは、YouTubeに解説動画をアップし、話題となった。そして一気にオワハラという言葉が一般化した。

解説動画はオワハラを次の4パターンに分類している。

1. 就活の終了を明言しないと内定をもらえないと不安にさせるような言動
2. 就活の終了を言質や書類提供を強要し、他社の面接を受けることや、内々定を辞退することへの精神的な圧迫を感じさせる行為
3. 選考期間・選考時間・選考頻度を必要以上に多く設け、拘束的なイベント等で他社の選考を受けさせないようにする行為
4 リクルーターなど今までの関係性を必要以上に強調し、内定承諾や就活の終了を強要する行為

実際に学生が体験したオワハラについては後で紹介する。

優秀学生に対するこのような囲い込みは昔からあった。バブル期の話では、クルーズ船による内定者旅行。当時は携帯電話を持つ学生はおらず、海上から他社に連絡することも面接に出かけることもできない。少しスケールは落ちるが、会社訪問解禁日、ボーリング場を借り切ってのボーリング大会もあった。

クルーズ船やボーリング場を使った大規模な囲い込みは、バブル期だけの現象だが、何度も学生を呼び出したり、社員との懇親会を開いたりすることは、昔から行われていた。そもそもそうした囲い込み自体、「よくあること」だと考えられていたのだ。

オワハラ経験は文系27%、理系17%


企業の採用活動は学生を選び、学生の就活は企業を選ぶ。互いが合意して内定になるのだから、それ以降に他社への就職活動を継続するのは、”二股”をかけることになる。企業がある程度の「約束」を学生に求めるのも当然だろう。

が、2016年新卒採用では、学生に求めていた約束が脅しに近づいて行き過ぎた状況になったため、オワハラと命名されたわけだ。

ただ、選考解禁が8月1日以降とされたのは、2016年新卒採用だけ。2017年新卒採用から2カ月前倒しされて6月1日以降になり、2018年卒新卒採用も同じスケジュールだった。採用戦線が落ち着けば、オワハラも減るはずだが、本当に減ったのだろうか?

HR総研は毎年6月末に楽天「みんなの就職活動日記」と共同で就活生に対するアンケート調査を行っている。そこで「オワハラを受けていると感じたか」「あったとしたらどんな内容か」という質問を行っている。

この3年間の数字は、文系が、2016年卒28%→2017年卒23%→2018年卒27%、理系が、2016年卒19%→2017年卒17%→2018年卒17%と推移している。ここでわかるのは、オワハラと感じる就活生は、理系よりも文系の方が10ポイントも多いということだ。

次にわかるのは、オワハラと感じる学生がもっとも多かったのは2016年卒の学生だったが、その後の減少はわずかで、ほとんど変わっていないと言ってもいいこと。改善の傾向は見られず、おそらく2019年の新卒採用でも変わらないだろう。

オワハラを感じる学生は意外に少ない。「学歴フィルター」に関する調査では、約半数が「ある」と回答した(詳細はこちら)。「サイレントお祈り」については、多数の就活生が「連絡してほしい」との声を上げている(詳細はこちら)。が、オワハラを感じる学生は、文系で3割未満、理系で2割未満である。

オワハラを感じる学生は、内定(ないし内々定)を受ける段階まで進んでおり、しかも人事から見て「この学生は他社にとられるかもしれない」と感じさせる就活生だ。そういう一部の学生だけがオワハラを体験するため、少ない理由になっていると思われる。

「第一志望でないと内々定を出せない」

コメントを見ると、オワハラでもっとも多いのは、「他社辞退」と「内定」との交換取引だ。たくさんの企業が「就活を辞めれば内定を出す」と学生に迫っている。そして入社誓約書を書かされるケースがとても多い。

「オワハラとまではいかないが、入社誓約書の提出の時期がとても早く、満足に就活を終えられる時期ではなかった」(関西大学、文系)

「第一志望でないと内々定を出せない。他社辞退をしてほしいと言われた」(東洋英和女学院大学、文系)

「他の選考が進んでいた企業を辞退するように言われ、誓約書を書かされた」(明治大学、文系)

「他社への就活をやめなければ内定を出さないといわれた」(神戸大学、文系)

「最終面接のあとに実施された個人面談で、内定が出たら他の企業の選考はもう受けないでほしい、それが信頼関係だから、という内容のことを言われた」(立命館大学、文系)。

時期も学生を悩ませ、オワハラにつながっているようだ。多くの就活生は、内定が確定するのは6月1日以降だと考えているが、選考はもっと早く進んでおり、早い時期に就活終了を打診されている。企業側も6月1日以降に内定を出す大手企業よりも先に、学生を囲い込むことに躍起だ。

「4月後半にも関わらず、2週間以内に結論を出してくれと迫られた」(成城大学、文系)

「5月なのに内々定ではなく、内定しか出してもらえず、内定承諾書にサインしたら、100パーセント入社してほしいと言われた」(藤女子大学、文系)

「5月から内定者研修が始まるため、3月末に内定が出て、4月中旬までに10日ほどで承諾をするかどうか、決めなければならない」(駿河台大学、文系)

もし企業からの「就活終われ」メッセージを無視するとどうなるか。落ちるのだ。

「最終面接で他社状況を全て聞かれ、内定が出てもすぐには答えを出せないと言ったら、不合格になった」(明治大学、文系)

「役員との最終面接のあと、人事とのお話しタイムがあり、そこで正直に迷っていると伝えたところ、お祈りされました。今思うと意思確認だったのかもしれません」(早稲田大学、文系)

仕方なく辞退した学生もいる。

「最終面接合格の連絡から1週間後までに推薦書の提出を求められた。提出期限を延ばして頂けなかったので内々定を辞退した」(長崎大学、理系)

またオワハラが逆効果になった事例もある。

「就活の終了を迫られる。面接でさんざん第一志望と伝えたにも関わらず、しつこい。結局辞退しようと考えている」(早稲田大学、文系)

売り手市場の中、こうした話は痛手だろう。「過ぎたるは及ばざるが如し」と言うが、オワハラもやりすぎると学生の気持ちを離反させる。一方で図太くたくましい学生もいる。

「6月1日の内定者懇談会にて、承諾書にサインと印鑑を押し、今後就活をしないことを約束しました。実際はその後も気にせず就活をしていました」(大妻女子大学、文系)

ただしすべてのオワハラが問題になるわけではない。

「就活中の企業すべてにその場で連絡してくださいと言われた。第1志望だったので問題なかった(あとから特別に1枠を私のために増やしてくださっていたと伺った)」(関西学院大学、文系)という学生は、第1志望の企業が特別に1枠増やしてくれたことに満足している。

学生の思い違いというケースも​​​​​​?


上のロゴをクリックするとHRプロのサイトへジャンプします

さらに親切な人事担当者もいる。

「最終面接では就活を終わらせるように言われたが、人事の方には納得がいくまで続けてもいいと言われた」(お茶の水女子大学、理系)

「6月1日に“内々定”と言われたが、他社の選考を続けたい旨を伝えても、期限を設けてそれまで待ってくれたため」(京都大学、文系)という対応をする企業もある。こうした企業に対して学生の志望度はきっと高まったことだろう。

学生のコメントを読むと、オワハラは特定業界に偏っているわけではなく、全業種で行われている。しかしその内容はさまざま。中には学生の勘違いと思えるコメントもある。

「約1週間の期限のうちに内定を受けるかどうか決めるように言われた」(筑波大学、理系)という学生もいるが、内定を出すために学生の意思を確認するのは順当である。「内定を受けるかどうかを企業に迫られた」と書けばオワハラに聞こえるが、企業はその学生に入社の意思を確認しているのだ。「入社する意思が無いと内定を出さない」(大同大学、理系)とコメントしている学生もいるが、採用側から見れば、入社する気がない学生に内定を出す必要はないのだから、当然のことといえるだろう。

オワハラの背景には、非常識で高飛車な企業の存在もある。しかし、過剰反応もかなり多いように見える。

複数の内定を獲得する就活生も多いが、大学受験の”すべり止め”とは違う。入社してくれる前提で、会社側が多くの候補者の中から内定者を選んでいることを認識すべきだろう。

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網