戻る


ドコモ、専門チャンネル見放題やひかりTV連携など新しい映像サービス

画像提供:マイナビニュース

写真拡大

NTTドコモは10月18日、新しい映像サービス「dTVチャンネル」と「ひかりTV for docomo」を提供すると発表した。また、あわせてこれらのサービスに対応する新しいセットトップボックス「ドコモテレビターミナル」を2018年1月より発売する。

○月額780円で専門チャンネルが見放題の「dTVチャンネル」

「dTVチャンネル」は、インターネットに接続したスマートフォンやタブレットから、30以上の専用チャンネルが定額制で見放題となるサービス。2018年1月からの提供開始を予定する。

専門チャンネルの内訳は、下の別表の通り。国内初提供となる海外ドラマ・映画の「ソニー・チャンネル」などが目玉となる。

月額利用料金(税別)は、ドコモユーザーは780円、それ以外のユーザーは1,280円。同社ではテレビを利用する映像サービス「dTV」や、スポーツの試合映像が定額制で見放題の「DAZN for docomo」も展開しているが、これらを同時に利用した場合は割引を適用する。

「dTVチャンネル」と「dTV」を両方利用する場合、ドコモユーザーは980円、それ以外のユーザーは1,480円。「dTVチャンネル」「dTV」「DAZN for docomo」の3つを利用する場合、ドコモユーザーは1,760円、それ以外のユーザーは3,030円となる。

○光回線を使って高画質コンテンツも楽しめる「ひかりTV for docomo」

一方、「ひかりTV for docomo」は、ドコモ光などの光回線を利用して、テレビ、スマートフォン、タブレットなどで定額制見放題で映像が楽しめるサービス。提供開始は2018年春からの予定。

50以上の専用チャンネル、地上・BSデジタル放送に加え、オンデマンドでdTVのコンテンツを含む映画やドラマ、音楽ライブ等の約16万ものコンテンツがスマートフォンで視聴可能となっている。4K・HDRに加え、Dolby Visionなどの高画質コンテンツの視聴も可能だ。専門チャンネルの内訳は、下の別表の通り。

月額利用料金(税別)は、ドコモユーザーは3,500円、それ以外のユーザーは4,000円。ドコモユーザー向けに2年割のメニューも用意しており、その場合は2,500円となる。

また、「DAZN for docomo」とセットの場合、ドコモユーザーは4,280円、それ以外のユーザーは5,550円、ドコモユーザー向け2年割は3,280円。

○ドコモの映像サービスがテレビで見られる「ドコモテレビターミナル」

「ドコモテレビターミナル」は、ドコモ光などの光回線でインターネットに接続することで、ドコモの全ての映像サービスが自宅のテレビで視聴できるセットトップボックス。2018年4月から提供を開始する予定だ。価格は未定。

ドコモの提供する、ひかりTV for docomo、dTVチャンネル、dTV、dアニメストア、DAZN for docomoのほか、YouTubeの再生やGoogle Playからダウンロードしたアプリにも対応する。なお、ハードウェアの製造はファーウェイが担当する。

USB接続の外付けHDDを利用することで、「ひかりTV for docomo」の専門チャンネルや地上・BSデジタル放送の録画も可能。

専用アプリを利用することで、スマートフォンからの録画予約などに対応し、外出先や家の別室などの離れた場所から映像コンテンツの視聴も行える。さらに付属のリモコンで、音声によるコンテンツ検索も可能だ。

主な仕様は、CPUがQuad Core 2.0GHz、メモリが3GB、ストレージが16GB。インタフェースはHDMI 2.0a(HDCP2.2対応)出力×1、USB3.0×1、USB2.0×1、RJ45(1000BASE-T/100BASE-TX/10BASE-T)×1。Wi-Fiは802.11ac/a/n/gに対応する。OSはAndroid TV N。本体サイズはW107×D107×H26mm、重量は190g台。

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網