戻る


「年収1000万男子」は地雷!?「高収入男子」との”難ありデート”の体験談2選

「年収1000万男子」は地雷!?「高収入男子」との”難ありデート”の体験談2選

写真拡大

こんにちは。みずゆきりんです。

Twitterでは最近、“婚活”が話題になっていますね。
キッカケは「絶対に年収1000万以上の人と結婚したい」という女性の記事だと思うのですが実際、年収1000万男子ってどうなんでしょうか。

●婚活の場に出てくる、年収1000万以上の男子は地雷!?

私が20歳の頃、お遊びで婚活サイトに登録してみたことがありました。(婚活に真剣な方には謝らなければいけません、ごめんなさい。)
「まぁこっちは20歳なんだし、強気でいっても大丈夫でしょ!」と思い、「四大卒、20代、年収1000万以上、非喫煙者」という設定でマッチングを依頼。
結果20歳という年齢もあってか、合計で30名以上のマッチングしたのですが、今日はその中でも特に印象の強かった2名をピックアップ!

1000万男子の実態とは……?

●職業:僧侶

始めてマッチングしたのは僧侶の方。
控えめな方で、清潔感はあるものの、とっても地味。
本当に今まで、女性と接することがなかった人なんだろうなぁ…という雰囲気で、常に私が話題を振り続けないといけない状況でした。

何を言ってもニコニコ聞いて下さる方で、そこは、流石僧侶!といった感じでしょうか。
最初はとても穏やかな空気が流れていました。
しかし2時間もの間、ずっとこちらから話題を振り続けないといけないのは、流石に苦行のようで…。

悪い方ではなかったと思うのですが、あまりにも頼りなく思い、またお寺のお仕事を手伝わなければいけないということであったため、お断りさせて頂きました。

実はこの方以外にも、僧侶の方とはかなりたくさんマッチングしました。
僧侶というご職業は、若手で高収入の方が多いのでしょうか…。
実際にお会いしたのは、この方を含め3名でしたが、それぞれに共通していたのが「仕事の手伝い(スケジュール管理、檀家さんの応対など)をして欲しい」 ということ。

毛筆もプロ並みのレベルを要求されるようでしたので、私にはちょっと厳しいな…と感じました。

友人いわく、
「そもそも僧侶なのに、結婚相手に20歳の大学生を希望するって、地雷じゃない?全然煩悩捨て切れてないじゃん」
とのこと。

た、確かに…。

●職業:ベンチャー企業社長

マッチングした中では1番収入の高かった、ベンチャー企業の社長の方。
年収は3000万以上あるとおっしゃっており、腕にはダイヤつきの腕時計をつけ、いかにもお金持ち!という服装。
雰囲気は体育会系で、とっても爽やかなイケメンの方でした。

しかし常に上から目線の話し方。
以前マッチングした方の愚痴に始まり、元カノの悪口、同級生の仕事に関する悪口など、常に相手をバカにするような話し方で、店員さんにも偉そうな雰囲気。
最初からずっと悪口ばかりで、聞いている方も疲れてきてしまったので、話題を変えようとお仕事について質問をしてみたのですが「言ってもわからないでしょ(笑)」と返されてしまい…。

あまりにもイライラするので、帰り際にその場ですぐお断りしたのですが、そしたら態度が急変!
まさか断られるとは思ってなかったんでしょう。
年下の私に急に敬語になり、「僕じゃだめなんでしょうか…??」とおっしゃっていて。

必死に「もう一度チャンスをもらえませんか!?」
「良いお店知ってるんです!予約しておきますよ!」
「休み取るんで、海外旅行に行きましょう!」などと食い下がられましたが、私の気持ちは変わらず。

ちなみに、このコラムを書くにあたり、今は何をされているのかな?と思って検索してみましたが、会社は倒産している様子 でした(苦笑)

他のベンチャー企業の社長さんとも何人かマッチングしました。
みなさん、年収は比較的高めの方が多かったですが、共通点は「偉そうな態度」 。
  • 1
  • 2

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網