戻る


阪神4投手が60試合登板 球団初の快挙 高橋も到達 5人達成ならプロ野球史上初

7回から登板する阪神・高橋聡文=甲子園(撮影・北村雅宏)

写真拡大

 「阪神-DeNA」(25日、甲子園球場)

 阪神が球団史上初の快挙を達成した。

 七回に2番手で登板した高橋が、1回を1安打無失点に抑えた。この試合で、今季60試合登板に到達。60試合以上の登板は桑原(64試合)、岩崎(63試合)、マテオ(60試合)に次いでチーム4人目。

 60試合登板4人は2015年の楽天、16年・巨人に次いで3度目で、球団では史上初。

 また、現在59試合登板のドリスが60試合到達した場合、60試合登板5人はプロ野球史上初の記録となる。

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網