戻る


錦織、1月のブリスベン国際で復帰か 伊報道「練習開始、ゴールはブリスベン」

錦織圭【写真:Getty Images】

写真拡大

右手首負傷で今季休養…1月1日開幕ブリスベン国際の出場目指すと伊メディア

 右手首の故障により離脱中の男子テニス世界ランク14位・錦織圭(日清食品)が来年1月1日に開幕するブリスベン国際(オーストラリア)で公式戦復帰を目指していると海外メディアが報じた。

 よもやの故障で今季無冠に終わった錦織が捲土重来に動き始めた。「ケイ・ニシコリが練習を開始。ゴールはブリスベン」と報じたのは、イタリアのテニス専門メディア「テニスライブ」だった。

 錦織はウェスタン&サザン・オープンの開幕前だった8月14日の練習中に利き腕の右手首を痛めた。患部の権威の診断を受け、全米オープンを含む、今季全日程の欠場を発表。手術は受けず、保存療法を選択していた。

 当時は大物選手の離脱が相次いでおり、「ケイ・ニシコリが最新の犠牲者に」と世界中で驚きをもって報道。9位だったランキングもトップ10陥落を余儀なくされたが、復活に向けて動き始めたという。

錦織サイドは順調を実感…「代理人は予定通りに進んでいると明確にした」

 記事は「ニシコリは今、フロリダにいる。彼のチームとともにトレーニングをしている」と記述。そして、錦織サイドは順調な回復を実感しているという。

「ニシコリの代理人は予定通りに進んでいると明確にした。次のゴールは来年のブリスベンで行われるATP250だ」とつづり、来年1月1日に開幕するブリスベン国際で復帰を目指しているようだ。

 錦織にとっては今年1月に決勝進出し、フルセットの末にグリゴール・ディミトロフ(ブルガリア)に敗れたが、準優勝に終わっていた大会。次回は世界ランク1位のラファエル・ナダル(スペイン)、臀部痛で戦線離脱している同3位のアンディ・マレー(英国)ら、猛者が参戦すると大会側がすでに発表している。

 順調に回復が進めば、錦織は南半球で年越しとなり、陽光眩しいブリスベンに姿を現し、カムバックすることになりそうだ。

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網