戻る


小池都知事「希望の党」を立ち上げ、代表に

 25日、小池百合子東京都知事が記者会見を開き、自身に近い若狭勝衆院議員と細野豪志元環境相らがあすにも結成する国政新党について、「結党宣言をこの場でさせていただく」と述べ、党名を「希望の党」とし、自ら代表に就任する考えを明らかにした。

 党名に込めた意味について小池都知事は「小学校の子どもたちがお習字で、書き初めで、最も書く二文字が"希望"。今日より明日の方がきっと良いと思えるような日本を」と説明。「本当の意味での改革勢力が必要」だと、情報公開、女性活躍、原発ゼロ、憲法改正などからなる基本政策を示した。

 新党をめぐっては、自民党の福田峰之内閣府副大臣、民進党の松原仁前都連会長、そして日本のこころの中山恭子代表らが相次いで合流の意向を表明しており、来月22日に投開票となる見通しの次期衆院選では、小池都知事が党の"顔"として重要なポストに就任する可能性が報じられてきた。

▶AbemaNewsでは、小池都知事の会見を生中継!

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網