戻る


「まだ俺の方がマシ」野村克也氏が村田修一を痛烈に批判

野村克也氏(写真:アフロ)

写真拡大

24日、神宮球場ではプロ野球公式戦、巨人対ヤクルトの一戦が行われ、CS進出へ負けられない4位・巨人が5-3で勝利。ヤクルトに先制点を許すも先発・田口麗斗が粘りのピッチングで試合を作り、阿部慎之助や村田修一らベテラン勢による連続タイムリーで試合をひっくり返した。

すると同日、TBS「S1」では、野球解説者・野村克也氏による恒例企画“ボヤき解説”を放送。「ジャイアンツは、まだAクラスのチャンスはあるの?こういう時って強いんだけどね、開き直りで」という野村氏が、まずボヤいたのは坂本勇人の守備だった。

1回裏、田口が満塁のピンチで4番・山田哲也をショートゴロに打ち取るもゲッツー崩れで1点を献上。足の速い山田がバッターではあったが、「あれで併殺打にならないの?理想的な併殺打でしょ?」と驚いた野村氏は、坂本の守備に「待って捕ってる。1歩出て捕ってたらゲッツー取れてた。1歩だよ」と苦言を呈した。

その一方、田口については「いい球投げるわ。楽しみな選手だね。手がけてみたいね。ミットって嘘つかない。ミットがポンと上がる。つまりボールがホップしている」としみじみ。3回に阿部が同点タイムリーを放った場面でも、「引っ張る気はない。センターへ打ち返そうというスイングしている。さすが4番」と絶賛した。

しかし、続く5番・村田の場面では、「村田見てると現役復帰したくなる。まだ俺の方がマシ」などと痛烈に批判した野村氏。村田がライト前に勝ち越しタイムリーを放つも、「俺はこういうの嫌い。こういうのに味をしめるんだよ。ただ追い込まれたから右へ狙う。クリーンナップ打つ人があんなちょこまかしたバッティングは俺はあんまり好きじゃない。ガーンとホームラン打ってほしい」と厳しい言葉を続けた。

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網