戻る


飛行機で、自分の席に知らないオバさん 傲慢な態度で「譲れ」と言うので断ると?

※写真はイメージ

写真拡大 (全2枚)

飛行機や新幹線、長距離バスなどで指定席を予約し、いざ自分の席に座ろうとした時、見知らぬ誰かに「譲ってくれ」といわれたら、どうしますか。

「譲る」という人もいるでしょう。しかし、もしもその人がエラそうな態度だったとしたら…。

「足が痛いから席を譲りなさい!」

以前、アイドルグループに所属し、芸能活動をしていた台湾人男性の阿本さん。

ある日、飛行機に乗るため、自分の席を探していたところ…。

※写真はイメージ

見知らぬ中年の女性が座っていた!

しかも、周辺の席にも荷物をいっぱい置き、占領するかのように座っていたといいます。

阿本さんが「そこは自分の席なのですが」と伝えると、「足が痛いから譲って!」と当然のようにいい放ったという女性。

この申し出を快く思わなかった阿本さんが「お断りします」というと、その女性の同行者から「礼儀知らず!」と罵られてしまいました。

一連の出来事について、自身のFecebookにこうつづった阿本さん。

もし、僕が来るまで座らずに待ってから「譲ってほしい」といってくれたら、譲っていたよ。

それはとても基本的な礼儀なんだ。

当然のように席に座り、むしろ僕が席を奪い取ったかのような態度をとられたとしたら、相手がどんな年齢の人だろうと、自分がどれほど若くても、申し訳ないが絶対に席を譲らない。

小さなことだけど、こういった振る舞いはとても大切なことなんだ。

阿本本人 ーより引用(和訳)

この投稿に、多くの共感の声が寄せられました。

「高齢者は尊重されて当たり前だ」という風潮には疑問を感じる。若い人だって尊重すべきで、要するに両者が思う合うことが何よりも大切だと思う。私もエラそうに「席を譲れ」といわれたら断ります。「自分は席を譲ってもらって当然」という態度は、美しい振る舞いとはいえない。ちょっとしたことだけど、大切なことですよね。阿本さんは悪くないと思いました。

ちなみに「交換して」ではなく、「譲れ」といわれたことに対して、「つまり、立ってろってこと?」といったコメントもありましたが、さすがにそれはないでしょう…。

どちらにしても、中年女性の振る舞いは、決して褒められたものではありません。

小さいことですが、誰かを尊重することは大切…阿本さんの信念に、多くの人が共感した気持ちがよく分かります。

[文・構成/grape編集部]

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網