戻る


【ゴールインはまだ遠い…】婚期を逃しがちな女子がとる行動



出典:https://www.shutterstock.com

婚期を逃してしまう女性には決まった行動があります。

その行動に気付き修正しないと、婚活パーティの常連からは抜け出せません。

「自分は結婚できるから問題ない!」と自信たっぷりの女性も、もしかしたら婚期を逃してしまう行動をしている可能性があります。是非、今のうちに自分の行動と照らし合わせながらチェックしてみましょう。

 

■男性に結婚を意識させすぎてしまう

「結婚したら子どもは2人ほしいな〜」「年をとってもラブラブな夫婦って憧れるよね〜」などなど、結婚を意識させる言動を繰り返してはいませんか?

男性にとって結婚は“責任”です。

そのため、結婚の話をしつこくされると精神的に疲れてしまい、彼女と距離を置こうとします。

 

■仕事が楽しくてしかたない

「今仕事が楽しい!」「男性社員には負けたくない!」このような気概が強いと婚期を逃してしまいます。

仕事に打ち込むことは決して悪いことではありません。

しかし、年をとったときにとてつもない孤独感に襲われる可能性もあります。

近年では、“育児経験は仕事のスキルを上げる”という研究報告もされているので、仕事が楽しくて仕方ない人も、ちょっとだけ視野を広げてみると良いかもしれません。

 

■友だち付き合いをしないため出会いがない

友だち付き合いを一切しないと、出会いがなくなり婚期を逃してしまいます。

社会人になってしまうと、異性との出会いのほとんどが友だちの紹介です。

友たち付き合いを怠ってしまう人は、「結婚したい!」と思い、いざ婚活を始めてもいろいろ手遅れになりがちです。

 

■チャラ男の「結婚しよう!」という言葉を真に受ける

チャラ男は息を吐くように「結婚しよう!」「一生幸せにするから!」という言葉を発します。

この言葉を真に受けてしまい、「いつかあの人と結婚できる」と安心しきってしまい、自分が遊ばれていることに気付かず、時間を浪費してしまいます。

 

婚期を逃さないためには、“将来自分がどうなりたいのか”をイメージする想像力が大切です。

例えば仕事が楽しくて仕方ない人の場合だと、「今は仕事が楽しいけど、5年後10年後同じように仕事だけの生活を楽しめているのかな?」とイメージするだけでも、後悔を減らすことができます。

【画像】

※  sanneberg/shutterstock

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網