戻る


“とりあえず付き合ってみる”ことのメリット・デメリットって?

恋愛対象としてこれまで考えてなかった相手から告白されて戸惑ったことのある人も多いはず。

「好きってでもないけど、キライってわけでもない……」
「今、フリーだし断る理由もないし……とりあえず付き合ってみたほうがいいのかな?」
「でも、付き合ってもこの人を好きになれなかったらどうしよう……」
なんてことで迷っちゃいますよね。


今回はそれほど好きじゃないけど、とりあえず付き合ってみたことがあるという女性たちの体験から、メリットとデメリットをご紹介していきます。

好きでもない人と付き合うことのデメリット


わがままな女になる
・「好きじゃない人となんとなく付き合ってみてわかったのが、自分のわがままが増長されちゃうってこと! 許してくれて当たり前、やってくれて当たり前で……おごってくれなきゃ頭くるし(笑)。自分の思い通りにならないことがあると相手を責めちゃうし……。コレって最低な女ですよね」(25歳女性/アパレル)

・「好きな人なら尊重できるけど、それほど好きじゃないとどうしたって自分の意見を押し付けてしまう。相手よりも自分のやりたいことを優先。好きな相手とじゃないとやはり“思いやり”って持てないものだと思います」(32歳女性/美容)

努力をしない女に……
“適当な相手”と付き合うと相手が自分に惚れている弱みにつけこんでしまい、ついわがままし放題なんてことも。

好きな人の前では誰でもいい子になりたがりますが、それほどの相手の前ではどうしても上から目線だったり、バカにするような態度をとってしまうのが“恋をしていない女”の怠惰と言えるでしょう。

「相手が自分のことを好き」ということにあぐらをかいて自分はなんの努力もしない……という嫌な女に成り下がってしまうこともあるのです。

相手のことが許せなくなる


・「自分の好きなタイプじゃないとやっぱ続かないと思う。その人の笑った顔が好きだとか、たくましい腕だとか……『この人のココの部分が大好き!』って自信を持って言えないとけんかしたときにキツイ。そこそこの相手だとけんかするたびどんどんイヤなことばかりが増えてしまう。好きなところがあればけんかしてもすぐに許せるし、根に持たない」(34歳女性/旅行関係)

好きな相手なら“あばたもえくぼ”。自分が好きになった(惚れてしまった)相手であれば、欠点さえも長所に見えることのたとえ。

相手のことを好きかどうかで“許せる器”が変わってくる
しかし好きじゃない相手の欠点は見えはじめたら最後、どんどん芋づる式で嫌な所が出てきてそれが目についてしまうものなのです。好きでもない男性の嫌な部分を会うたびに見せつけられることで我慢できなくなってしまい、結果別れることに……。

好きな男には目をつぶることができても好きでもない男性には寛容になれないのが女の性。
好きかどうかで女の許せる器は変わってくるものなのです。

とりあえず付き合うことのメリット


初めは恋心がなくても大事な人に変わることも……


・「私は同じサークルの男性に『付き合って欲しい』と言われて『ま、いっか』と付き合い出したクチ。彼氏は好みのタイプでもなかったし恋心なんて抱いてなかったけど……穏やかで優しい人だったから一緒にいる安心感がハンパなかった。好きになるかもしれないきっかけを作ってくれた彼にむしろ今は感謝してます♡」(22歳女性/学生)

・「むしろ、お互い最初から、めちゃめちゃ好き同士のカップルなんてそうないと思う! だからこそ“とりあえず付き合う”ってアリだよ。人なんて付き合って見ないとわからないもの。付き合ってすごくイヤになることもあれば、付き合ってみて相手のいいところに気づいていつの間にか好きになっていくことも……。うちの両親は恋愛結婚でなくお見合い結婚だけと仲いいしうまくいってる。一緒にいることで生まれるものもあるんじゃないかな〜って」(29歳女性/インテリア)

一緒にいるうちに気づくよさもある
自分がタイプの相手でなく、これまでとは違うタイプの男性と付き合うと新しい価値観が生まれることもあるのです。相手とちゃんと向き合うことで新たな発見があります。

うんと好きな相手と付き合ったからといって幸せになるとは限らないし、さほど自分の好みでない相手と付き合ったからといって不幸になるとは限らないのです。

“とりあえず”からはじまったのに、その相手がうんと大事な人になったらそれこそ、もうけもん! 少しでも自分の恋愛の価値観が変わる可能性があるのなら、付き合う価値は大といえます。

自分らしくいられる


 ・「私は自分のほうが好きになる相手とはうまくいかないみたい……好きな人だと、自分が必死になりすぎちゃうし、重くなりすぎちゃう……。彼氏が何してるのか常に気になるし会えないと落ち込むし……で、心穏やかではいられません(笑)。気持ちが不安定だと仕事にも支障をきたすし、精神衛生上でもよくないですね。好きってよりも“この人と一緒にいると楽!”な人ならうまくいきますね」(31歳女性/総務)

・「これまでの恋愛は無理して背伸びしてたのかもって思います。好きになってもらいたい、嫌われたくないってことにばかり捕らわれてて自分らしさなんて見失ってたかも……。“自分のことよく見せたい”って気持ちは好きな人には自然と生まれてしまうけど好き過ぎると自分が自分でなくなっちゃうからいい恋愛なんてできないですよね。ほどほどの相手ととの方がのびのびした恋愛ができます」(26歳女性/ショップ店員)

“ゆとりのある恋愛”で心穏やかに
「彼氏のことが大好きだと、どうしても自分が振り回されてしまう」……なんて苦い経験をしている女子は多いもの。好きな相手と付き合うと、余計な心配をしたり、ちょっとしたことで落ち込んだり悲しくなったり……と負の方向にばかり物事を捉えてしまうことも……。
好きなあまり相手への不安が募り平常心を保てなくなってしまうのはよくありません。

いつも心がソワソワザワザワしているような恋愛ではいつか疲れてしまいます。健やかな恋愛でなければどうしたって自分がダウンしてしまうのです。

必死感よりも“ゆとりのある恋愛”こそあなたの心も体も穏やかにしてくれることでしょう。

「とりあえずの恋」からでも生まれるものがある


「自分の好きなタイプ」「自分の理想の相手」としか付き合わないということは、知らず知らずのうちに男性に対しての視野を狭めているといえます。

またこれまで付き合ってきたタイプや自分の好みの相手だと毎回それなりの経験しか味わえません。似たような恋はたいてい似たような別れ方をしてしまうのです。同じパターンを繰り返しても人は成長などできないのです。

「とりあえずの恋」はもしかしたら、失敗してしまうかもしれませんが、マイナスばかりではありません。なんといっても“今までできなかった経験ができる”のです。
たとえ別れてしまってもそうした恋はあなたに何らかの「気づき」を与えてくれるでしょう。


また「とりあえずの恋」はいろんな可能性を秘めています。男の人への考え方が変わるかもしれませんし、価値観が変わるかもしれません。自分にとって本当に大事なものがわかるかもしれません。
もしかしたら、その人を本当に好きになってしまうかも。

……なんていうさまざまな見込みがありうるかもしれないのです。恋の“可能性を広げる”のは、これまでしなかったことをしてみる“あなたの勇気”なのです。
(神崎桃子)

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網