戻る


【TGS】うちわでスカートを扇ぐイベントが中止になって忖度を感じた話

写真拡大 (全7枚)

アジア最大級のゲーム見本市「東京ゲームショウ2017」(TGS)が、9月21日(木)から開幕しました。

【【TGS】うちわでスカートを扇ぐイベントが中止になって忖度を感じた話の画像・動画をすべて見る】

国内外の企業による最新ゲームが一堂に会するこのイベント。未発売の注目タイトルが試遊できるため、どのメーカーも長蛇の列ができるほど盛況でしたが、ゲームとは全く別の角度から話題となったブースもありました。


なんと、

大の大人たちがスカートをめくろうと、一心不乱にうちわをあおいでいる!!!!



はたして、なんでこんなことになったのか? 気になりすぎたので、こちらの「ぎゃる☆がん」シリーズを展開する開発元「インティ・クリエイツ」のブースへと取材に向かいました。

「ぎゃる☆がん」一体何をしてるブースなんだ


そもそも「ぎゃる☆がん」といえば、不慮の事故をきっかけに1日限定のモテ男となってしまった主人公が、意中のヒロインのもとへたどり着くため言い寄ってくる女の子を視線で撃ち落とす、というギャルゲーとシューティングを掛け合わせたような異色作。



続編『ぎゃる☆がん だぶるぴーす』や『ぎゃる☆がんVR』など、シリーズ化されいくつもの作品が展開されており、今回の「TGS」直前にも『ぎゃる☆がん2』の製作を発表。

ブースでは早速試遊もできる状態での出展となり、ファンの期待を高まらせていました。

プロデューサーが語る「すべては偶然の産物」


『ぎゃる☆がん2』/画像は公式サイトより


さてさて、そんな奇抜な設定でゲーマーの心を掴む「ぎゃる☆がん」シリーズ。

同社プロデューサーの中川滋(しげるP)さんがその場にいたので、ゲームのことはそっちのけで「どうしてスカートに向かってうちわを振っていたんですか?」と、ストレートにうかがってみると「ゲームの世界観をそのまま再現しているからです」とコメント。

踏まれている方がしげるPこと中川滋さん/写真はぎゃるがんofficiallのTwitterより



お話によると『ぎゃる☆がん2』は、前作と少しテイストを変え、女の子に取り憑いた悪魔を視線で追い払い、掃除機のようなガジェット「デビルスイーパー」で飛び出した悪魔を吸い込むというシステムになるそう。

そんな悪魔を吸い込む瞬間には、「デビルスイーパー」が生む気流の影響で"偶然"スカートがめくれることもある、ということです。

つまり今回の「ぎゃる☆がん」のブースでは、ゲーム内でのスカートが偶然めくれるシーンをリアルで再現しよう というもの。

ブースで配られていたものがうちわだったことも偶然。みんなで風を送るような光景になってしまったのも、たまたまだそう。なるほど偶然なら仕方ないね!

神風は起こすもの! スカートはひるがえすもの!


中川さんにお話をうかがっていると、ちょうど件のレクリエーションも行われるトークコーナーが始まりました。

ブースには、エンターテインメント集団・あやまんJAPANからサムギョプサル和田さんらが登場し、ゲームの解説をしながら軽妙なトークで会場を盛り上げます。

乱痴気騒ぎだった初日のようす/サムギョプサル和田さんのTwitterより



「そろそろうちわ用意した方がいいですかね?」と期待に胸を膨らませて、中川さんにやる気満々アピールをしていると、中川さんの口から「本当にすみません、午後の部からは"風"は中止で『じゃんけん大会』になってしまったんです……」と、衝撃の一言。


※筆者が取材した直後、公式Twitterでも"諸事情"による中止の告知が……。

うちわを持ってヤル気満々、カメラに収める準備も万端ですよ!? と、主張しながら中止の理由について聞いてみましたが、「お察しください……」と、心底悲しそうな顔で話す様子に胸が痛みます。

その間にもブースではどんどんとうちわが配られていきます/写真はぎゃるがんofficiallのTwitterより



開催日もまだ折り返し、残す2日間には一般来場者も訪れ「TGS」はさらに盛り上がります。「まさか明日以降も行わない予定なんでしょうか?」と尋ねてみると、黙ってうなづく中川さん。忖度……!

ちなみに「ぎゃる☆がん」は2011年に出展した際にも、車の中にいるコンパニオンさんを水鉄砲で撃って濡らすというイベントを行い中止になった過去も。全く懲りてない!

足元に送風機のついた台座の上でうちわを扇いでいたようですが、それもあくまでも偶然です



今回もコンプラの限界に挑んだナイスな企画だけに、中止になってしまったことには残念な気持ちが募りますが、『ぎゃる☆がん2』の試遊やあやまんJAPANのみなさんによるトークイベントは健在。

また、うちわを使ったレクリエーションが特に注目されていましたが、代わりに実施された「じゃんけん大会」には『ぎゃる☆がん だぶるぴーす』のヒロイン・神園しのぶ役の声優を担当した上間江望さんが参加。

大会を勝ち抜いた方へは、上間さんから「ビンタ」「見つめられる」「踏まれる」のいずれかをご褒美としていただけたり、ブースとしての方向性は全くブレないようすでした。

優勝者にビンタを決めたあと、ダブルピースで撮影に応じてくれた上間江望さん



筆者が参加した回もビンタされる方が続出(筆者は速攻で敗北)。開発もオーディエンスも攻め続ける姿勢がステキ!

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網