戻る


「出るからには優勝を!」久保建英&平川怜がU-17W杯へ意気込む!

日の丸を持ち、力強いガッツポーズをとる久保(右)と平川(左)。 (C) SOCCER DIGEST

写真拡大

 10月6日からインドで開幕するU-17ワールドカップに向けた日本代表メンバーが、9月22日に発表された。
 
 多くの有望なタレントが名を連ねるなか、アジア予選から主力を担ったFC東京U-18の久保建英と平川怜も順当に選出された。そんな期待のホープ2人は、小平グラウンドで会見に臨み、世界戦へ意気込んだ。
 
 メンバー発表を学校で見ていたという両者は、落ち着いた表情で姿を現わす。まず久保が「21人という少ない枠に入れて素直に嬉しいです」と語れば、平川も「ホッとしている。やっと実感が湧いてきた」と安堵の言葉を口にした。
 
 飛び級で参加した今年5〜6月のU‐20ワールドカップで3試合に出場し、U-17の森山佳郎監督からも、「貴重なものをチームに注入してくれている」と大きな期待を背負う久保は、「自分は(世界大会を)1回多く経験しているんで、それをピッチ内外で活かしていけたら良いと思います」とし、次のようにも語った。
 
「相手の速さや強さを1個上のレベルで経験していることで、余裕を持って臨めると思う。それは大きなアドバンテージになる。チームとしても、個人としても、結果を残したい」
 
 一方、U-17の心臓部を担う平川は、「1試合、1試合、自分の持っているものを出し切りたい。自分は中盤のゲームメイクが一番の特徴だと思うので、そういうところでチームをアシストしたい」と、本大会へ意気込んだ。
 
 また、平川は怪我で招集が見送られた瀬古歩夢(C大阪U-18)について、「中学1年から代表活動を一緒にしてきた仲間。一番悔しいのは本人だと思うんですけど、彼の分もチーム一丸で補っていきたい」と、涙を飲んだ仲間への想いも垣間見せている。
 
 さらに、U-20ワールドカップ終了後に「先輩たちから『お前は次もあるから頑張れ』と言われた」という久保は、「あの悔しさは全く忘れていない。あれで意識が変わった」と明かす。当然、U-17ワールドカップでの目標は高い。
 
「同世代の選手と戦って変な負け方はしたくない。過去の成績とかは分からないですけど、一つでも上に勝ち上がりたい。グループステージ突破は大前提。出るからには優勝、ファイナリストになりたい」
 
 強い意気込みを語り、頼もしさを見せたFC東京U-18の逸材コンビ。この両者が軸になるであろう日本は、グループステージでホンジュラス、ニューカレドニア、フランスと対戦する。はたして、彼らは列強国を相手にどのような戦いを見せるのか? 大いに期待したい。

取材・文:羽澄凛太郎(サッカーダイジェストWEB)

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網