戻る


八代英輝氏が衆院解散に反発する野党に指摘「国民の声を聴かれちゃまずいのか!?」

八代英輝氏

写真拡大

22日放送の「ひるおび!」(TBS系)で、弁護士の八代英輝氏が、衆議院解散に反発する野党の姿勢に持論を展開した。

番組では、衆議院解散の話題を取り上げた。安倍晋三首相は、28日に招集予定とされる臨時国会の冒頭で、衆議院解散を表明するとみられている。野党は解散をめぐって猛反発しており、民進党は森友学園や加計学園の問題を議論すべきと要求しているという。

衆院解散に八代氏は、まず「解散で、政治的に止まるんだったら皆さん大騒ぎしていいと思う」とコメント。続けて「法律的に見ると、解散の後に必ず総選挙が行われる」とした上で、「解散の後っていうのは、必ず国民の声を聴く(選挙がある)んです」と衆院解散からのプロセスを説明する。

さらに八代氏は「国民の声を聴くのに、野党は『都合が悪いタイミングだから今の解散はけしからん!』と言うわけですよ」と解散に反発する野党の思惑を推測。「国民の声を聴かれちゃまずいのか!?」とも指摘し、野党の姿勢を厳しく批判していた。

【関連記事】
・弁護士の八代英輝氏 「大義ない」と衆院解散を批判する声に反論
・恵俊彰が弁護士・八代英輝氏の皮肉に注意「そういうことは打ち合わせで」
・八代英輝弁護士 辞任表明の今村雅弘復興相を批判「議員としての資質がない」

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網