戻る


iPhone 8発売!選ぶべきはどの携帯会社か


ドコモの発売カウントダウンの様子。iPhoneの発売日は携帯3社にとってお祭りだ(撮影:尾形文繁)

2017年9月22午前8時。米アップルの新型スマートフォン「iPhone 8」「同8 Plus」、腕時計型端末「Apple Watch Series 3」が発売された。

NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクの大手携帯3社は都内で発売イベントを開催。各社ともテレビCMに出演中の芸能人や購入予約をしたユーザーが登壇した。それぞれ「ワイヤレス充電ができるなんてすごい」「背面のガラスが美しい」「画質がよくなっているので写真を撮るのが楽しみ」などと新型iPhoneへの期待を興奮気味に語った。

東京・有楽町の「ドコモショップ丸の内店」でイベントを開催したドコモの吉澤和弘社長は、「ドコモは受信時最大毎秒500メガビット。dTV(動画配信サービス)や(スポーツ配信の)ダ・ゾーンfor docomoを思う存分、楽しんでいただける」と他社よりも優れている点を強調。

Apple Watchについても「ドコモショップとして初めてApple Watchを取り扱う。スマホがなくても直接通信できるので便利。また、購入後180日間は無料(スマホと時計で電話番号を共有する「ワンナンバーサービス」のオプション料)なので買いやすいのではないか」と語った。

iPhone X待ちで予約件数は前年割れ

ただ、予約状況はいまいちだ。過去最高を記録した昨年のiPhone7と比べると「ちょっと少ない」(吉澤社長)。ソフトバンクも「例年に比べると少ない」(宮内謙社長)という。

これは11月に新機種「iPhone (テン)」の発売を予定しているため、ハイエンドユーザーが買い控えているからだ。Xの影響を聞かれると吉澤社長は「ちょっとわからない」と首を傾げたが、宮内社長は「8とXを合わせると予約数は前年を超えている」という。KDDIの田中孝司社長も「8とXに分散することは想定通り」と語る。

ソフトバンク銀座店に朝5時から並んでいた会社員の井上拳斗さんは、「Xも買います。端末価格はかなり高くなりそうだが、顔認証機能などでワクワク感がある。Xが出るなら買うしかない」と嬉しそうに語っていたが、両方買う熱烈なファンはそう多くはないだろう。

ドコモのイベントに登壇した神奈川県茅ヶ崎市在住、会社員の松本淳(あつし)さん(30)は、「今日はApple Watchを買いに来た。5sからiPhoneを買ってきたが、8は処理速度が少し速くなっただけだし、ワイヤレス充電も出たばかりで不安なので今回はスキップ。11月に出るXはぜひ手に入れたいと思っている」と話した。


11月に最先端機種「X」の発売を控えるだけに、8の予約状況はいまひとつのようだ(撮影:尾形文繁)

さらに、「Xは生産台数が少ないそうだが、ダメ元で予約を入れる。8で発売イベントをやるとは正直驚いた。Xでイベントをやらないかもしれない?次の10年の可能性が詰まっているXこそやるべきだ」と熱心に語っていた。

同じく、ドコモのイベントで吉澤社長からiPhone8を手渡された埼玉県在住の会社員・鈴木透さん(58)はあくまでも安心感重視だという。「Xはいい製品だろうと思う。ただ、正常な進化形の8には、そうではないXよりも安心感がある」と話す。

宴の裏でヘビーユーザーが激増中

20年来のドコモユーザーという鈴木さんは、「知人に何か尋ねられたらドコモショップを必ず薦めている。格安スマホでは壊れたときなどの相談に不安があるが、ドコモなら安心」とドコモ愛も強調していた。


アップルウォッチを求めて並んだユーザーも多かったようだ(撮影:尾形文繁)

松本さんと鈴木さんに共通しているのは、通信データ量の多いプランで契約していることだ。

松本さんは月30ギガバイトが上限の「シェアパック30」、鈴木さんが同50ギガの「シェアパック50」。「30ギガといっても1日に換算すれば1ギガ。移動中に動画を観ていたらあっという間になくなる」(松本さん)。「家族割を適用している姪が今春就職した。通勤中に動画を観る姪が1人で月25ギガも使うので50ギガでちょうどいいくらい」(鈴木さん)。

通信データ量の多いプランを薦めることを携帯3社は「アップセル」と呼んでいる。携帯端末代や通信料金を割り引いても、アップセルが進めば、携帯会社にとっては1人当たりの売り上げを増やすことができる。


ソフトバンクの宮内社長は「われわれのコンセプトはストレスフリー」と説明、50ギガの大容量プランをアピールしていた(写真:編集部)

大容量プランを前面に出すのがソフトバンクだ。「月20ギガのギガモンスターを利用するユーザーの3割は1年の間に上限を超えた月がある。2週間で上限に達し、Wi-Fiスポットを探し回るユーザーもいるほどだ。そうしたお客さんに向けてウルトラギガモンスター(月50ギガ上限のプラン)を用意した」(宮内社長)。

一方で、KDDIの田中社長は「月50ギガのプランにニーズがあるとは思っていない」としている。

ドコモは50ギガでソフトバンクの倍以上の通信料金だが、実は上限100ギガまでのプランもある。「パケットパックの選択肢の多さもドコモの強みだ」と吉澤社長は胸を張る(ドコモの「ウルトラシェアパック50」は1万6000円、ソフトバンクの「ウルトラギガモンスター」は7000円で年末まで向こう1年間6500円になるキャンペーンを実施中)。

依然わかりにくい料金体系

肝心の端末価格や通信料金については、3社とも「当社が一番お得」と自信満々だ。ドコモは発売直前に、8から次の新型iPhoneに乗り換える際に4万円分のポイントを付与するプログラムを導入。「2年以上使ってもらえればかなり有利なプログラムを用意した」と吉澤社長は自信をみせる。KDDIは従来よりも3割以上安い月額1980円からの格安プランを新型iPhoneにも適用。使えば使うほど安くなるとしている。


KDDI田中社長は「毎月の支払い額で考えたらau」と強調。各社とも安さをアピールするが、どこが一番お得なのかよく調べないとわかりにくい(写真:編集部)

ただ、端末の値引きや通信料金の値引き方法はまちまちで、ソフトバンクやKDDIが相変わらず他社からの乗り換えを優遇するなどして、どこが一番安いのかが極めて難解だ。「どれが一番安いのかわかりにくい」との東洋経済の質問に、「ドコモはわかりやすいですよ」と吉澤社長は意外そうな顔を浮かべていた。

ちなみにドコモの場合、端末の下取りや家族割を組み合わせると「実質ゼロ円」になる場合がある。これは実質ゼロ円販売を禁じた総務省のガイドラインに一見反しているように見えるが、「反していない」と吉澤社長は余裕の笑みを浮かべる。これは、ガイドラインが「下取り分を含まない」ため。下取り価格が2代前のiPhoneの既存機種の中古市場価格を下回らなければ、下取り分を含めて実質ゼロ円でも問題視しないからだ。

はたして一般ユーザーは「わかりやすい」と感じてiPhone8を買うだろうか。総務省が問題視してきた過度な値引き販売が8を契機に復活しないだろうか。新型iPhoneの販売合戦は今週末から本格化する。

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網