戻る


安室奈美恵だけじゃない! 人気絶頂で引退を発表した女性芸能人

安室奈美恵オフィシャルサイトより

写真拡大

 歌手の安室奈美恵が自身の公式ホームページで引退を発表した。来年の9月16日をもって芸能界から姿を消すことになる。突然の出来事に驚いた人も多いのではないか。“アムラー”を公言するタレントのイモトアヤコをはじめ、台湾の人気女性歌手のジョリン・ツァイなど、国内外からコメントがあがっている。ネット上にも「子どもの頃からファンで、安室ちゃんの曲と青春を歩んできた」「悲しい」「引退しても一生憧れの存在」「ひとつの時代が終わった気がする」など、様々な声が並ぶ。彼女のファンにはもちろん、そうでない人たちにとっても複雑な心境をうかがい知ることができる。

 さて、ここで想起されるレジェンド的な歌姫といえば、山口百恵。’70年代に活躍し、まさに人気絶頂の21歳という若さで俳優の三浦友和と結婚、引退したことで世の中に衝撃を与えた。これまでの芸能界を振り返ってみると、突然引退を発表して世間を驚かせた女性芸能人は数多くいる。近年の動向を見ていこう。

◆江角マキコ

 まずは今年最初の話題から。ドラマ『ショムニ』をはじめ、アネゴキャラで人気を博した女優の江角マキコ。2017年1月23日に引退の意向を明らかにしたが、主な理由に“子どもの成長”を挙げ、「いま私にしかできないことを選択し専念する時期だったと考え、このような決断に至りました」と説明。一部報道で出ていた不倫疑惑にかんしては否定した。その際、日刊SPA!では「江角マキコの電撃引退は20年前に“予言”されていた!?」という記事も配信した……。

 引退する際、「お疲れ様」と温かく見守ってもらえれば言うことはない。しかし彼女の場合は、あまりに突然で判然としない部分が多かった。芸能界に波紋が広がり、各所からは厳しい意見が寄せられていた。

◆堀北真希

 清純派女優では、2017年2月28日付で所属事務所との契約満了と同時に活動の休止を発表した堀北真希が記憶に新しい。2005年にドラマ『野ブタ。をプロデュース』で大ブレイクすると、同年出演した映画『ALWAYS 三丁目の夕日』での演技も評価され、第29回日本アカデミー賞新人俳優賞などを受賞した。その後は朝ドラ『梅ちゃん先生』のヒロイン、CMの女王としても名を馳せた。2015年に俳優の山本耕史と結婚。昨年12月に第一子を出産している。今後はママタレントとして活躍が期待されていた矢先の出来事だった。

 引退の理由は、家庭に専念するため。だが、その人気と注目度は引退した今も非常に高い。山本のドラマ撮影現場に子どもを連れて陣中見舞いに訪れたことが週刊女性などでも報じられている。

◆橋本奈々未(乃木坂46)

 同じく今年2月で引退したのは乃木坂46の橋本奈々未。埼玉スーパーアリーナで卒業コンサートが行われた。2016年10月にラジオ番組『乃木坂46のオールナイトニッポン』のなかで、本人の口から乃木坂46の卒業および芸能界からの引退を発表。

 グループを脱退後、ソロで活動するアイドルは多いが、彼女の場合は完全に芸能界を辞め、一般社会で生きていく。以下は彼女の言葉だ。

「普通の一般社会で普通の女性として生きていこうと思っています。なので、乃木坂46の橋本奈々未として芸能界に入って活動を始めて、そのまま終わろうと思っています」

 引退に伴い、3月31日に彼女のブログも閉鎖。最後のエントリーには、2万件を超えるコメントが書き込まれていた。

◆嗣永桃子(カントリー・ガールズ)

 6月30日、東京・青海の特設会場にて、約8000人のファンに惜しまれながら引退したのは、“ももち”こと嗣永桃子。発表は去年、カントリー・ガールズのグループ結成2周年コンサートのときだった。その理由について、「メンバーがたくましく育ち、改めて自分の将来を考えたときに、以前から興味があった『教育』の分野に進むことを決意した」と語った。
  • 1
  • 2
  • 3

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網