戻る


もしかしてうちの夫はモラハラ夫?カウンセラーが教える7つのチェック項目

もしかしてうちの夫はモラハラ夫?カウンセラーが教える7つのチェック項目

写真拡大

夫がモラハラかどうか、妻が判断するのは難しいようだ。モラハラを受ける期間が長くなれば、妻の精神が病んでしまうというケースも多いという。「教えて!goo」でも以前、「モラハラを見ぬく方法」という記事で以前ご紹介したように、モラハラに苦しむ多くの人が、この問題に苦慮しているようである。なんとか、より簡単に普段受けている苦痛がモラハラかどうかを判断する方法はないものだろうか。そこで今回、行政書士であり、離婚カウンセラーとしてモラハラ問題にも詳しい阿部貴子さんに、一般的なモラハラ夫に当てはまるチェック項目と、その相談先について教えてもらうことにした。

■モラハラ度をチェックする7つの項目

まずは、夫のモラハラ度数をチェックする項目を紹介してもらった。以下7つについて、どれが該当するか確認してみてほしい。★のものについては、夫の人格によるところなので、根深いポイントだ。改善の見込みという点からは深刻と判断したほうがよい項目とのこと。

・夫からの愛を感じない

★妻からの指摘に対し、改善しようとする姿勢がない

★妻の努力を認めない。何をしても認めない

・夫婦喧嘩は、妻が謝る形でしか終わらない

★夫の親(特に父親)にも息子と同じようなモラハラ傾向が垣間みえる

・言っていることは正しいが、違和感がある

・温かさが感じられない

いかがだっただろうか。

「7個のうち5個以上当てはまる場合は、妻が結婚生活に限界を感じる可能性が高いです。2個以内であれば夫婦カウンセリングなどで、改善の余地があるレベルでしょう。中間的な3個、4個というケースは、まだ状況が俯瞰的に判断できない結婚後数年以内の方かと思われます。つらい場合は、離婚カウンセラーに相談すると、今後の夫婦関係の行方について統計的な部分から情報をもらえるでしょう」(阿部さん)

多くのケースでは、ほぼ全部当てはまるか数個しか当てはまらないという2極化になるそうだ。

■離婚を視野に入れるターニングポイント

阿部さんによれば「結婚当初は歯向かっていた妻も、次第に諦めて夫に表面上従う形が出来上がっている」ケースも多いそうだ。だが、以下のポイントが該当する場合は、離婚を検討する余地があるという。

・モラハラ被害を感じている期間が5年以上など長期

・夫のモラハラに耐えるだけの価値のある結婚ではない(ステータスや、金銭の自由度等)

・夫への愛を失っている。愛着もない

「上記に一つでも当てはまる場合は、事態の変化の見込みは困難と考えた方がよいです。そもそも、ご自分に夫との関係を改善したいという意欲がない場合が多いのです。期間を定めて修復を目指してもよいのですが、ご自身の思考、年齢により、早めに夫との関係を判断した方がよいケースもあります」(阿部さん)

確かに、ここにあげられているのはかなり末期的な状況と思われる項目ばかりである。客観的に状況を判断して、決断を下す必要がありそうだ。

■誰に相談するべきか?

では、モラハラ夫であるとわかった際、誰に相談するべきなのか聞いてみた。

「離婚すべきかどうか迷っている、方針が定まっていない段階においては、全般的な相談先として離婚カウンセラーへの相談をおすすめします。他に探偵、弁護士、行政書士がその他に相談先としてありますが、それぞれ相談の前提が異なっています。探偵であれば調査、弁護士は交渉の代理人、行政書士は契約書作成という強みがあります」(阿部さん)

困ったらまず、行き先の相談を含め離婚カウンセラーの門をたたくのがよさそうだ。ところで、同じような経験をした友人などにアドバイスをもらうというのはどうなのだろう。

「周囲の離婚経験者に相談することも考えられると思いますが、離婚条件や別居中の生活費等については、専門家に相談した方がよいでしょう。適切な手を打てば、もらえる可能性の大きい養育費ですら、多くのシングルマザーがもらっていないというのが現状です。一時的に相談料などがかかったとしても、専門家から“正しい知識”を得て離婚や別居をした方が、長い目で見れば相当差がつく可能性があります」(阿部さん)

実際モラハラを受けているとわかった場合、離婚を決意するケースは多いと思われる。しかし、具体的な離婚、別居後の生活シミュレーションをしてから、自分の今後を決意するなど、実行のプロセスも大事にしたいところだ。

●専門家プロフィール:阿部 貴子
行政書士、離婚カウンセラー。一橋大学経済学部卒。「女性をしっかり支える阿部貴子の離婚相談」代表。夫の浮気、性格の不一致やモラハラなどによる離婚相談、また離婚後の財産分与など、さまざまな離婚カウンセリングに対し、豊富な経験を生かして自ら対応している。「モラハラ夫と離婚する方法」では、基礎知識や対策を紹介している。またシングルマザーやその予備軍によるい助け合いコミュニティ「シングルマ」などを運営する。

教えて!goo スタッフ(Oshiete Staff)

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網