戻る


米支援のシリア民主軍、ISの「首都」ラッカの9割制圧 監視団

シリア・カーミシュリーで、北部ラッカで戦うシリア民主軍に向けて米国製の装甲車両や武器を運ぶ大型トラックの車列(2017年9月19日撮影)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】英国に拠点を置くNGO「シリア人権監視団(Syrian Observatory for Human Rights)」は20日、イスラム過激派組織「イスラム国(IS)」が「首都」とするシリア北部ラッカ(Raqa)のおよそ9割が、米国が支援するクルド人・アラブ人合同部隊「シリア民主軍(SDF)」によって制圧されたと明らかにした。

 同監視団のラミ・アブドル・ラフマン(Rami Abdel Rahman)代表は、「(米主導の)有志連合による激しい空爆により、過去48時間でISは要所とされる地区少なくとも5か所から撤退した」と明らかにし、「これにより、SDFはラッカ市内の9割を支配下に収めた」と語った。

 またラフマン代表は、「現在ISは市中心部に追いやられている」と述べるとともに、ISが地雷を仕掛けながら退却していることから、撤退した地区への進撃および完全制圧は困難を伴うとの認識を示した。
【翻訳編集】AFPBB News

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網