戻る


いい履歴書に欠かせない5つの掟

多くの場合、採用担当者に与えるあなたの第一印象は、履歴書によって決まります。ですので、履歴書でキャリアをうまくアピールすることが非常に重要となります。もし、履歴書でよい印象を与えられないとしたら、それは大事な情報をきちんと伝えられていないからです。ビジネスマン向けウェブサイトFast Companyは、「大半の人がおかしている履歴書の間違いは、少し手を加えるだけで簡単に改善できる」と言っています。たとえば、フォントサイズを変えるだけでも違ってきます。

1. 具体的な数字を入れる

なるべく具体的な情報を入れてください。「サイトのトラフィックを改善した」と漠然としたことを書くよりも「1カ月でサイトのトラフィックを35%増加させた」と書くほうが採用担当者にもわかりやすくなります。それほど印象的な数字でなくてもかまいません。自身も採用担当者であるNicole Hubbman氏は「履歴書のなかに指標となるような数字がまったく書かれていないと、採用担当者に不信感を持たれる可能性がある」と話しています。

2. テンプレートを使う

自分が町で最高のデザイナーでないことがわかっているなら、履歴書をゼロから作ろうとしてはいけません。世の中には履歴書のテンプレートが星の数ほど存在します。一部に派手すぎるものもありますが、読みやすいレイアウトで作られたすばらしいテンプレートもたくさんあります。

3. 簡潔にする

自分がやってきたことすべてを1つの履歴書で語り尽くそうとはしないでください。簡潔に書き、採用担当者にページを何枚もめくらせることのないようにします。

それから、写真で目立とうとしないこと。履歴書はInstagramではありません。

4. 関連スキルをしっかりとアピールする

Microsoft Officeを使えるって? ほかの人もみんな使えますよ。ここでは、新たな視点で自分を見つめ直してください。あなたは応募した職務に関連したスキルを自分が思うより多く持っているはずです。必要なのはそうしたスキルや経験をきちんとアピールすること。接客係の経験のおかげで、人事部門に必要なソーシャルスキルが身についているかもしれません。すでに十分な資格を証明できていると思っても、ほかに関連する経験があるなら忘れずにアピールしましょう。自分を売り込むことを恐れないで!

5. 古い職歴から並べない

履歴書はあなたのキャリアアップの経緯を伝える場所ではありますが、一番古い職歴から先に並べていくのは賢いやり方ではありません。関連性が高い、最近の職歴を一番目立つところに書いてください。アピールしたいスキルと無関係な職歴は、いくつか省いてしまってもまったくかまいません。

Image: Neomaster/Shutterstock.com

Source: Fast Company

Patrick Lucas Austin - Lifehacker US[原文]

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網