戻る


舞台降板騒動の鈴木砂羽、関係者も認める“キツい性格”「合わない人も多かった」

『フラッシュバック』(デジタルブックファクトリー)

写真拡大

 女優の鈴木砂羽が主演、演出する舞台『結婚の条件』で、出演女優2人が「鈴木に土下座させられた」などと開幕直前で降板した騒動。鈴木は「土下座させたことはございません」と全否定し、双方の言い分が食い違っている。ただ、演劇関係者からは「鈴木さんはかなりキツい物言いをする性格だから、合わない人も多かった」という話も聞かれる。

「もとはビニ本なんかに出ていた人で、女優としては地味なタイプだったけど、バラエティー番組で貧乏時代や酒豪の話をしてウケたものだから、それからは開き直って、余計にストレートな物言いをするようになった。特に酒が入ると人の悪口を言いふらし、それが漏れてひそかに反感を買っていたこともあった」(同)

 鈴木は過去、自ら「車で送ってもらったときに後部座席に吐いた」と酒癖の悪さを明かし、酒が入ると他人にしつこく長い説教をするとも語っていた。その通り、今回の騒動でも対立した女優から「(酒の席で)気に入らないキャストの悪口を吹き込んでいた」と暴露されている。

 今作は、鈴木の演出家デビュー作。当初はメディアで「私、こういうのが向いているんだなと思った。人に指図するのが好きなんです」などと話していたが、指図される側の反応は違った。鈴木と衝突した2女優は鳳恵弥と牧野美千子。共に有名人ではないが、鳳は2004年に★☆北区つかこうへい劇団に入団し、女優としてのキャリアはある。

「それでも、1994年デビューの鈴木さんからすれば“若手”の部類。だから、上から目線だったのでは。でも、彼女は演出家としては素人なんだから、もっと低姿勢で接するべきだったと思う。もちろん、2人の女優が公演前にわざわざブログでトラブルを暴露したのも、営業妨害みたいで最低だけどね」(前出関係者)

 鳳は公演前日9月12日のブログで降板を伝えた際、稽古の中で罵倒され、「土下座をするように砂羽さんから促され、頭を下げました」と内情を明かした。その原因は通し稽古を2回できなかったことで揉めたというのだが、ほかにも「自分がセリフが入らないのを脚本のせいにして何度も書き直させていた」などと書いていることから、鈴木の態度全般に不満を持っていたことがわかる。

 鈴木は、私生活では11年に10歳年下の俳優・吉川純広と結婚したが、15年に離婚。その原因はハッキリしないが、結婚前、俳優の中村獅童と交際していたときのことを暗に指して「取っ組み合いのケンカもした。風呂に突き落としたり」などと修羅場エピソードを笑って明かしていたことから、その気性の激しさはうかがえる。

 関係者も認める「キツい性格」は女優としては通用したかもしれないが、他人に指示する演出家としてはマイナスだったようだ。結果的に「結婚の条件」よりも「演出家の条件」を考えさせられる騒動となってしまった。
(文=片岡亮/NEWSIDER)

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網