戻る


絶対に近づかないで!かかわってはいけない男性の特徴5つ

こんにちは、恋愛カウンセラーの森野ひなたです。

最初はとっても感じが良くて「素敵な男性!」と思っていたのに、だんだんと「あれ?」と違和感が出てきて……。

このままお付き合いを続けるべき? という悩みをもつ女性に、“かかわってはいけない男性”の特徴を5つご紹介します。

1:被害妄想男

「オレは悪くないのに」「あいつのせいでオレはイヤな思いをしている」など、あなたに対してだけでなく、周りに対して被害者意識が強い男性は要注意です。

あなたや周囲からの言動を悪意でとらえやすい男性は、特に警戒したほうがいいでしょう。

例えば、気づかいから「最近どう?ゴハンちゃんと食べてるの?」といった労りの言葉を、「詮索か?」と勘繰って解釈するような男性です。

被害者意識が強い男性と付き合うと、あなたはいつも“加害者” “悪者”にされてしまいます。

2:脱兎男

何か問題があると、音信不通になったり、逃げる男性。

友達ならいいけれど、人生をともにする相手としてはとても不安です。

あなたが助けを必要としているとき、苦しいときに頼りにならない可能性も。

3:マイナスのコントロール男

あなたを思い通りにしようと、批判したり、別れをちらつかせて要求をしたり、傷つくことを言ったり、暴力を振るう男性は長期的にあなたを苦しめ続けるでしょう。

「おまえのために言っている」というような発言にも要注意です。

自分のエゴに気づかず、エゴを愛だと思い込んでいる男性です。

モラハラやDVに発展するかもしれません。

4:女性をステイタスとしてみている男性

多くの女性からモテることを生きがいにし、多くの女性と関係を持ったことを自慢や自信にしている男性。

こういった男性は女性を同じ人間と思っていません。

ブランドものを身につけるのと同じ感覚で女性を見ています。

若い男性ならばこういう時期も多少あると考えられますが、20代後半以降なら要注意です。

5:息をするように嘘をつく男

その場しのぎで適当なことを言い、昨日と今日で言っていることが変わり、整合性がとれない男性。

彼は嘘をついている自覚はないかも知れません。

その場その場で思ったことだけを言葉にしてしまっているのかも。

いずれにしても、嘘をつく男性との付き合いは信頼関係を構築できません。

あなたは疲弊しきってしまうことになるでしょう。

おわりに

いかがでしたか?

会って数回ではよくわからなくても、日を追うごとに違和感を感じる男性なら、闇雲に彼を信じるのはやめ、いったん冷静に彼の言動を観察してみることをオススメします。(森野ひなた/ライター)

(愛カツ編集部)

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網