戻る


坂上忍 豊田真由子議員の「死んだ方がマシ」発言に「ドン引き」

坂上忍

写真拡大

18日放送の「バイキング」(フジテレビ系)で、坂上忍が「ドン引きした」という豊田真由子衆院議員のテレビ番組上での発言を明かした。

番組では、豊田氏が17日放送の「Mr.サンデー」(同)に騒動の約3カ月後、初めてテレビ出演したことを取り上げた。豊田氏は元政策秘書への暴言暴行で自民党を離党している。インタビューで豊田氏は騒動を謝罪し、「正直、死んだ方がマシじゃないかという思いで過ごしてきました」などと目を潤ませていた。

このインタビューについて、コメンテーターの藤本美貴は「死んだ方がマシ」という言葉に注目。「『私、かわいそう』の最上級な気がして、それ以上言えないよねって思ってしまうので。『死んだ方がマシ』とかじゃない言い方をしてほしかった」と感想を語った。

MCの坂上は、同インタビューを「極力、フラットに見ようと務めた」という。だが、藤本同様に「死んだ方がマシ」という言葉に違和感を覚えたようで、「あの方が『死』という言葉を持ち出した途端にドン引きしました」と厳しく述べていた。

【関連記事】
・坂上忍が豊田真由子議員に辛らつ「入院という名の雲隠れをされてる」
・坂上忍 豊田真由子議員の「頭がいい人間」発言に痛烈「アホ」
・豊田真由子衆議院議員の秘書に就任した松森俊逸町会議員に厳しい意見が続出

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網