戻る


便利だけどリスクもある!? 知っておきたいデビットカードのリスク回避の方法 メリット・デメリット

便利だけどリスクもある!? 知っておきたいデビットカードのリスク回避の方法 メリット・デメリット

写真拡大

買い物をした際の支払い方法は多様化しており、現金やクレジットカード、電子マネーに加え、デビットカードも定着しつつある。

一見リスクのないように思えるデビットカードだが、賢く使いこなすために、メリット・デメリットを把握しておきたい。

●デビットカードのメリット
カード会社に“借金”をする形となるクレジットカードと異なり、デビットカードは、指定した預金口座から代金が即時引き落とされるため、その場で支払いが完了する。

クレジットカードに抵抗がある現金派の人でも、デビットカードなら現金に近い感覚で利用できるので、それほど抵抗がないという人もいる。
現金は必要最小限だけ持ち、あとはデビットカードで支払いを済ませられる。

メリット
・クレジットカード作成時のような審査がなく、作りやすい。
・預金口座の残高内の支払いのため、ついつい買い物しすぎてしまう、ということを防げる。
・現金をたくさん持ち歩かずに、カード1枚で済む。
・現金派の人はATMや窓口で現金を引き出す必要があるが、デビットカードはその手間が不要。

●デビットカードのデメリット
高額の現金を持ち歩くリスクもなく、クレジットカードの使いすぎによるカード破産の心配がないデビットカードだが、デメリットもある。
たとえば、
口座残高が足りないと、引き落としができないので支払いができない。
購入を諦めるか、現金またはクレジットカードでの支払いに切り替える必要がある。

デメリット
・口座残高が足りないと、買いたい物があっても買えない。
・分割払い、リボ払いができない。
・年会費がかかるものもある。
・高速道路の通行料金など、デビットカードでの支払いに対応していないものもある。
・紛失や盗難の際には、クレジットカード同様、再発行の手間と手数料がかかる。

●デビットカードを賢く使いこなすには
デビットカードだけでなく、現金支払いでも同じことが言えるが、計画的な支出管理できないと、月末にお金がなくてピンチ!ということになりかねない。

デビットカードは、利用の限度額を設定できる。
そこで、1回の利用額、毎月の利用額の上限を設定しておくといいだろう。
もちろん、限度額に残高が満たない場合は、残高までしか利用できない。

また、限度額を設定しておけば、万が一盗難に遭って、カードが使われることがあっても、被害を最小に抑えられる。現金やクレジットカードを紛失した場合よりも、被害は少ないと言えるだろう。

デビットカードの口座を、普段使いのお財布ととらえるならば、デビットカード用の口座を新たに開設するのも手だ。そうしておけば、月々に必要な生活費だけを口座に移しておき、利用できるので安心だ。

限度額を設定し、デビットカード専用の口座を開設することで、使いすぎのリスクも、紛失・盗難に遭った場合のリスクも抑えられる。
支払い方法を1本化するというよりも、普段の買い物はデビットカードを使い、高額のものはクレジットカードで支払うなど、うまく使い分けるといいだろう。

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網