戻る


三浦九段と因縁棋士の対局企画 連盟の不手際で幻に

将棋連盟会長の佐藤康光・九段(左)も頭が痛い?

写真拡大

 藤井聡太・四段(15)の快進撃に沸く将棋界。ところが、その裏で将棋連盟とスポンサーに決裂寸前の異常事態が起きていた。

「今回の件は、将棋連盟が不手際や対応の過ちを重ね、ドワンゴさんに多大なご迷惑をかけてしまったということだと思っています」

 そう語ったのは将棋連盟の理事を務める森下卓・九段(51)だ。「今回の件」とは、7月25日にホテル・ニューオータニで開催される予定だった「電王戦打ち上げ」が中止された一件を指す。

「電王戦」は将棋ソフトとプロ棋士が対戦する棋戦(非公式戦)で、主催はIT企業のドワンゴ。“人間とコンピュータのどちらが強いか”という問いに答えを出そうとした異色の棋戦だが、この2月に今年で終了と発表された。5月には“最後の電王戦”で佐藤天彦・名人(29)が将棋ソフト・ポナンザに敗れている。

 終了に伴う「打ち上げ」には、将棋連盟会長の佐藤康光・九段(47)、佐藤名人、谷川浩司・九段らトップ棋士たちと、主催社側から角川歴彦氏(KADOKAWA会長)、川上量生氏(ドワンゴ会長)が出席し、ネットで生中継されると発表されていた。豪華メンバーが顔を揃える一大イベントとなるはずだった。

 ところが本番直前の7月19日になって突然、公式サイトで〈諸般の事情により放送中止〉とだけ発表された。その原因が将棋連盟の「不手際」にあったというのだ。連盟関係者はこういう。

「実は、中止の背景にはドワンゴ側が企画しようとした『三浦3番勝負』という対局イベントを巡って連盟側の対応に問題があり、ドワンゴ側の不興を買った経緯があるのです」

 この「三浦3番勝負」は三浦弘行・九段(43)の「スマホ不正使用疑惑」に絡んだ企画だった。

◆「ドワンゴさんにお詫びしたい」

 昨年10月、三浦九段が対局中に将棋ソフトを不正使用している疑惑が浮上し、公式戦出場停止に追い込まれた。ところが、同年12月になって第三者委員会が、「不正の証拠はない」と結論づけ、当時の谷川会長が辞任に追い込まれた。

 今年5月24日、三浦九段は記者会見し、連盟側と和解合意したと発表。その席で「対局したい棋士を3人挙げてほしい」と記者に質問された三浦九段は、「藤井聡太くん。あとの2人は渡辺(明)竜王(33)と橋本崇載くん(34、八段)で」と答えていた。

 前出の関係者が続ける。

「『三浦3番勝負』は、三浦九段と“指名”された3人との対局を組み、ネット中継する企画だった。ただ、破竹の勢いの藤井四段の名前が挙がるのは当然として、渡辺竜王と橋本八段は不正疑惑を巡る因縁の相手です。渡辺竜王は事実上の告発者だし、橋本八段は疑惑発覚後にツイッターに『1億%クロだと思っている』と投稿した。三浦九段の復帰にあたって2人とも謝罪していますが、わだかまりは簡単には消えない。

 その経緯を“ネタ”にするイベントですから、当事者たちが簡単に承諾するはずがない。それなのに連盟は調整に動こうとして、しかも延々と実現の目途をつけられないままでいた」

 その結果、電王戦打ち上げ自体が中止になったというのだ。そうした情報をもとに森下九段を直撃したところ、冒頭の「連盟の不手際」という言葉が出た。それは三浦3番勝負が実現できなかったことを指すのか。森下九段に重ねて問うと、

「それも一つあったと思う。他にも我々に配慮に欠けたところがあった。お詫びして、今後もドワンゴさんに連盟と良い関係を続けていただけるよう、お願いしないといけない」

 と答えた。

※週刊ポスト2017年9月1日号

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網