戻る


レアル至宝 苦渋の決断迫る

マドリーの新星、苦渋の決断か?

写真拡大

アラベスへのローン移籍から今夏復帰したマルコス・ジョレンテは、レアル・マドリードのトップチームで自身の居場所を見つけようとしている。しかし、最初の公式戦には招集されておらず、監督ジダンは他の選手を起用している。

【関連記事:ジダン 反レアル勢力を告発】

ジョレンテはU-21ヨーロッパ選手権でスペイン代表の主力を担い、カゼミーロのライバルになるかと考えられていたが、実際の順番的にはコバチッチより下である。

ヨーロッパ・スーパーカップでもスーペルコパでもこの状況は明確であり、ジョレンテはこの公式戦3試合でメンバーにすら招集されておらず、出場時間を確保できるチームを探す必要性があるかもしれない。

ローン移籍か、むしろ買戻しオプション付きの売却の可能性もある。ジョレンテはチーム内で主力として扱われたいと考えており、ベンチを温める気はない。マドリーもこの状況は理解しているが、状況を見守っているというのが現状である。

また、セバージョスも今シーズンにマドリーが獲得した選手の1人であり、ジダンは出場機会を与えているものの、同じように状況は複雑である。

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網