戻る


夏のダメージヘアに!5分でできる手作りヘアオイルレシピ

夏のダメージヘアに!5分でできる手作りヘアオイルレシピ

写真拡大 (全2枚)

じめじめと暑い夏。湿気で髪の毛が広がってしまうという方も多いのではないでしょうか? もしかしたらその広がりは、髪が傷んでいることが原因かもしれません。しっかりと髪を保護して、どんな時でも美しい髪を保てるようにしましょう。
今回は、ほどよくしっとりなヘアケアオイルの簡単なつくり方をご紹介します。

スタイリングがうまくいかない。髪のダメージが関係しているかも?

夏は湿気で髪の毛がうねったり広がったりしますよね。また人によっては、髪の毛がペタンコになってしまう方もいらっしゃるかもしれません。実は、そういった髪トラブルは、髪の毛のダメージが関係している可能性も。

髪の毛に湿気が付着すると、キューティクルが剥がれて傷んでいる髪の毛に水分が入ってきてしまいます。そして内部に入った水分が膨張するため、髪の毛がうねったり広がったりしてしまうのです。
こんな時は美容オイルの力を借りて髪をしっかり守ってあげましょう。

ヘアケアオイルのつくり方

<準備するもの>

・椿オイル ・・・50ml
椿オイルは美容オイルの中でも、ヘアケアに向いているといわれている美容オイルです。
・ラベンダーのエッセンシャルオイル ・・・10滴
・ガラスの遮光ビン ・・・1個

<つくり方>

1. 椿オイルを、遮光ビンに流し入れます。

2. 1へ、エッセンシャルオイルを入れ、フタをします。

3. 2を数回、上下に傾けて椿オイルとエッセンシャルオイルを混ぜます。

<使い方>

通常のヘアオイルと同様に使用します。ドライヤーをかけた後に少量手に取り、毛先につけます。
手に残ったオイルで、トップの後れ毛をまとめましょう。足りなければ、また少量を手に取り、髪の毛になじませましょう。
少量ずつ、何回かに分けて使用することで、つけ過ぎ防止にもなりますよ。

またドライヤーの前につけると、ドライヤーの熱から守ってくれる効果も期待できるのでGood。

さらに海水浴の時、海水や紫外線でパサついてしまった髪の毛の応急処置にも使えます。手に取ったオイルをパサつきが気になる部分にON。サラサラになるため、海水浴後もそのままレジャーを楽しめますよ。

そして美髪をキープするには、ブラッシングも重要。こまめに行うことによって、頭皮の余分な皮脂を髪の毛にいきわたらせる効果があります。


しっかりとケアを行って、夏のレジャーを思う存分楽しんで! 


(Kupono Beauty代表、クポノライフデザイナー・星有子)

【あわせて読みたい】
・敏感肌さんに◎!保湿にも使える「手作りヘアワックス」のつくり方
・疲れを溜めない女性に。目元を優しく癒すハーブ湿布のつくり方
・【#美金 vol.34】デートは清楚な香りを味方に。彼を虜にするフレグランス
・1日の始まりに優しい香りをまとう。手作りサシェで衣類も良い香りに

【エイジングケア情報は姉妹サイトへ】
・リピ買い率高し!“理想の自分”に導くボディ用引き締め美容液
・お疲れ肌に◎“肌の土台”を整える「導入美容液」が心強い!
・浴衣にも◎!色香漂う「うなじ」を作るネックケア3ステップ
・毛穴落ち・化粧崩れに!美容ライターが選ぶ「夏の化粧下地」6選

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網