戻る


セルフケアだから低コスト!自力で歯を白くする方法

ニッと笑ったときに見える歯が黄色いのって、コンプレックスに感じますよね。歯の色が黄色っぽくなっている人は少なくありません。その理由として挙げられるのが、ホワイトニングにかかるコストを惜しむもの。そこで、自力でコストを抑えながら歯を白くする方法についてご紹介していきます。歯の色にコンプレックスを抱えていた人は、ぜひ試してみてくださいね。

バナナの皮で歯を磨く

バナナの皮にはスキンケアやお掃除など、「何かを綺麗にする」利用方法が多くあります。そんなバナナの皮は、歯を白くするためにも活躍してくれます。バナナの皮の内側を使って歯を磨き、バナナの成分が付着した状態で10分ほど放置してからいつも通りの歯磨きをしましょう。ホワイトニングほどの漂白効果はあらわれませんが、バナナの皮の成分が歯に付着している汚れを溶かしてくれます。その結果、歯垢などが取れて歯が白く見えるのです。歯の汚れがあまりに酷いときや、「急いで少しでも歯を白く見せたい」というときにおすすめの方法ですね。

重曹を使ってうがいをする

研磨力や汚れを浮かす作用に長けている重曹は、水に溶かしてうがいすることで歯の汚れを落とす効果があります。水100mlの水に対して小さじ1ほどの食用重曹を溶かし、うがいをしてください。食後に行うのがおすすめです。重曹の力で歯の表面についた汚れを落とし、歯垢の黄色っぽさを解消することができますよ。ただし重曹は研磨力がとても強く、やりすぎると歯や歯茎にダメージを与えて逆に歯を脆くしてしまいます。重曹を使ったうがいは多くても1日に2回までにとどめておきましょう。実は重曹でセルフケアをして歯の白さをキープしている女優やタレントさんはたくさんいます。重曹はもちろん食用のものを選んでくださいね。

ホワイトニング用の歯磨き粉を使う

コストを抑えたいけれど確実性も欲しい、という場合にはもうこれしかありませんよね。ホワイトニング用に販売されている歯磨き粉には、歯に付着した汚れや黄ばみを落とす作用を持った成分が厳選して含まれています。また、虫歯予防や歯周病予防に向けた成分も一緒に含まれていることが多いため、歯の汚れを落としながら歯を強くして汚れや虫歯への耐性を高めることができます。

ホワイトニングは歯そのものを白くするもの

歯自体はもともと黄色っぽい色で、汚れを完璧に落としても歯自体は完全な白色にはなりません。歯医者さんのホワイトニングはただ汚れを落とすだけではなく、漂白して歯の色そのものを白に近づけるのが目的。もし汚れを落としてもまだ歯を白に近づけたいなら、歯医者さんで専門の漂白をしてもらってくださいね。


writer:さじや

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網