戻る


生理がつらくて日常生活が困難?それPMDD(月経前不快気分障害)かも

生理がつらくて日常生活が困難?それPMDD(月経前不快気分障害)かも

写真拡大

月に一度の生理。女性の体にとって大切なことだけれど、何かと気が重い…という人も少なくないでしょう。

ところで、みなさんは、「PMS」をご存知ですか?
「月経前症候群」と言われる症状で、生理の3〜10日くらい前から、気持ちや体が変化してきて体調に影響することを指します。

その症状は非常に幅広くて、肌荒れ、イライラ、落ち込み、腰が痛い、お腹が張る、疲労感がある、などなど。

■「PMS」は適切に対処している人も多い


ただ、生理直前や生理期間中にはおさまることが多いので、「PMS」がひどい人は、たいてい、自分の体のサイクルを把握している様子。

毎月のことだから、薬を服用したり、かかりつけのお医者さんに相談したりと、適切な対処をしている女性も多いのでは?

■「PMDD」って知ってる?


もうひとつ、最近注目されているのが「PMDD」。「月経前不快気分障害」という症状です。

こちらは生理前になると、イライラや情緒不安定、落ちこみ、不安感など、主に精神症状が強い状態。そのことにより、日常生活に支障が出るというのも特徴のひとつと言えます。

「PMDD」専用のチェックシートがあるのですが、その項目は、「激しいうつ状態、自己否定感、絶望感がある」「気力がなくなる」「イライラする」「日常生活に支障をきたすほどの情緒不安定」「ひどく悲しくなる」「怒りっぽくなる、攻撃的になる」といったところ。

■「うつ病」かも?と思ったら


その症状から、うつ病と混同される場合も多いのですが、「PMDD」は「PMS」同様、生理周期に合わせて症状が出るのです。

本人や家族がうつ病だろうと判断し、心療内科や精神科を受診したら、合わない薬を処方された…というケースもあるそうなので、慎重に見極めをする必要があります。

生理前はうつ状態がひどいけれど、生理が始まったら落ち着く、と感じる人は「PMDD」の可能性を疑ってみるといいでしょう。

■つらいなら、原因を確かめて


意外と知られていないのですが、「PMS」と同じように、婦人科で診断&相談を受け付けています。そこで症状に合った薬も処方してもらえるはずなので、安心ですね。

生理前の気分のアップダウンが激しくて、周囲の人に迷惑をかけてしまう、他人にひどい態度を取ってしまう、彼氏に当たってしまう…といった悩みがある人は、クリニックで受診してみるのもおすすめです。

生理前や生理期間中を快適に乗り切るのも女子のたしなみ。原因をはっきりさせて、日々、イキイキと過ごしたいですね。

彼氏に当たることなく、いつも優しく接することができれば、今よりもっとラブラブになれるかも!

ライタープロフィール


天野りり子
ライター/編集者
大学在学中からライター&編集稼業をスタート。女性誌ではビューティ&ヘルス企画、男性誌では恋愛記事を多数執筆、書籍編集も手がける。
趣味は読書とタロット占い、そして恋バナを収集すること。

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網