戻る


梅沢富美男 増え続ける児童虐待に吠える「犬猫や動物じゃないんだ!」

梅沢富美男

写真拡大

17日放送の「バラいろダンディ」(TOKYO MX)で、梅沢富美男が増加する児童虐待に声を荒げた。

番組では、児童虐待の件数が過去最多となったという「朝日新聞」の記事を話題に取り上げた。全国の児童相談所が2016年度に対応した虐待件数は12万2578件に達し、前年度より1万9292件増えている。統計開始となった1990年度から、26年連続で過去最多を更新し続けているという。

種類別では、暴言や無視などの心理的虐待が6万3187件と最も多く全体の5割近くになる。国は自治体に、児童相談所の職員増員を促すなどの体制強化を急いでいるということだ。

梅沢はコメントを求められると「犬猫や動物じゃないんだ!子どもは!」「 泣くのが商売なんだよ!」と視聴者に主張する。梅沢は、子どもの泣き声をうるさがる親に対し「そんなこと思うんだったら、子ども作るなよ!」「子ども作らない方法はいくらでもあるだろう!? ガキじゃねぇんだから!!」と声を荒げた。

なおも梅沢は怒りがおさまらないようで「こんなこと(児童虐待)しちゃダメだね。本当に子どもを大事にしないと。自分たちがどうやって育ててもらったか、分かるだろう!!」と、児童虐待をする親に吠え続けていた。

【関連記事】
・梅沢富美男 豊田真由子議員の新秘書就任を批判「なんでつかなきゃならねんだよ」
・梅沢富美男 大臣の就任初日の疑惑報道に呆れ「自民党、大丈夫かよ!?」
・梅沢富美男が不倫疑惑続出の自民党議員に苦言「解散した方がいい」

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網