戻る


[動画] 背筋がゾッと寒くなる、真夏に聴いてみたい怖い落語4選

[動画] 背筋がゾッと寒くなる、真夏に聴いてみたい怖い落語4選

写真拡大 (全4枚)

現在、大ブームの落語。今回は落語の中でも背筋がゾオッとするような、夏にぴったりの怪談落語をご紹介します。真っ暗な部屋で一人、布団をかぶり目を閉じて聞くと、なおいっそう怖さが増します。

もう半分

幕末から明治にかけて活躍した稀代の名人、初代三遊亭圓朝作の怪談。

とある居酒屋に、変わった飲み方をする常連の親父がいました。一合の酒を一度に頼まず、はじめに半分の5勺を飲みきってから、「もう半分・・・」と残りの5勺を頼むのです。この客と居酒屋の夫婦をめぐる怪奇物語。題名でもある「もう半分・・・」の台詞、覚えておいてください。最後にきっと背筋が凍ります。

古今亭志ん朝「もう半分」

牡丹灯籠

牡丹灯籠より『ほたむとうろう』(月岡芳年『新形三十六怪撰』

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網