戻る


大人になると絶叫マシンが苦手になる理由とは?

大人になると絶叫マシンが苦手になる理由とは?

写真拡大

夏休み期間中とあって、遊園地などでは親子連れが列をなしてジェットコースターなどの絶叫マシンの順番を待っている。ワクワクした様子の子供に対し、親の表情は心なしか引き攣っているように見える。「教えて!goo」を見ても「私は絶叫マシンが苦手です」という相談をはじめ、絶叫マシンを楽しめない大人は少なからずいることが伺える。子供の頃は大好きだったはずなのに、どうして?

■子供は恐怖心よりも好奇心が勝る

まず指摘されるのが、平衡感覚を司る三半規管が衰えたため、という意見だが、それならば乗り物全般に弱くなりそうなものだが、「大人になって乗り物に酔いやすくなった」という話を聞いたことがない。そこで今回は心理面から探ることにした。

「子供は好奇心が旺盛で、新しい経験を求めて体得しようとする習性があり、絶叫マシンのふわっと浮く感覚などの非日常を求めるのです。恐怖感よりも好奇心が勝るということですね」

そう話すのは、ゆうメンタルクリニックの森しほ先生だ。大人になると、そのワクワク感が消えてしまう理由は?

「『そろそろ落ちるんだろうな』と予測もできますし、絶叫マシンに真新しさや新鮮味を感じにくいでしょう」と森先生。「新鮮味を失ってしまえば、ただ単に恐怖感や普段の生活では味あわない加速度の不快さしか残らないということもあり得ます」と説明する。

■大人は危険性を重く感じる

大人になると、子供や仕事など守るものや責任が出てくるため、「ここで死んではいけない」という防衛本能が働くことが原因かもしれない。

森先生も「大人のほうが防衛本能が強く働くということは充分に考えられます。守るものがなければ、面白そうと思ったら危険など顧みずに飛び込むことができますが、大人になるとそうはいきません」と同意する。

そして「もちろん実際の絶叫マシンは危険はほぼありませんが」と断った上で、森先生は「本能的な部分では、高い所から落ちるといった危険を感じています」と指摘し、「子供はそれを楽しいと感じますが、守るべきものがある大人は危険性を重く感じてしまうのでしょう」と推測する。

結局のところ、「乗った場所にまた戻ってくるだけで位置エネルギーの無駄使い。『何のメリットもないのに、なぜ危険を冒すのか』と感じてしまうのです」(森先生)。クールすぎるように思えるけれど、絶叫マシンから降りてきたお父さんたちの疲れた顔を見ると、それもうなずける。

■叫べないことで恐怖心が増す

森先生は「子供のように叫べないことも原因として考えられます」とも述べる。「きゃー!!と大きな声で叫ぶのも楽しみのひとつですが、大人は叫ぶことに抵抗を感じてしまいます。無言で乗ると、恐怖感を発散できず、よけいに怖く感じてしまうのです」とのことだ。

さらに「子供のように絶対的な安心感を持てない」ことも理由に挙げる。「大人は、他人をあまり信じすぎると痛い目に遭うということを経験していますので、『安全バーのロックが外れた事故があったな……』というように、絶対的な安心感のもとで絶叫マシンに自分の命をゆだねるということが難しいのです」(森先生)

「絶叫マシンが苦手になるのは、ひとつの成長とも言えますが、寂しいことかもしれませんね」と森先生。「守るべきものや、仕事の疲れ、帰りの電車の混雑など、大人にはいろいろとあるかもしれません。ですが、遊園地に行ったときくらいは子供に戻ったつもりで、はしゃいでもいいのではないでしょうか」とアドバイスする。

ところで前半で三半規管について触れたが、「子供は未成熟ですが、一般的には20才頃までには安定してきます」(森先生)とのこと。ただし「睡眠不足や疲れがたまっているなど、ストレスがあると三半規管の調整がうまくいかずに酔いやすくなる」(同)そうだ。

絶叫マシンを楽しむためには普段の体調管理も大切なようだ。

●専門家プロフィール:森しほ
ゆうメンタルクリニック産業医、皮膚科医。同クリニックグループ(上野院、池袋東口院、新宿、渋谷院、秋葉原院、池袋西口院、ゆうスキンクリニック池袋西口院)は、心安らげるクリニックとして評判が高い。

(武藤章宏)

教えて!goo スタッフ(Oshiete Staff)

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網