戻る


結果が不自然すぎる……『バイキング』が「世間の注目ランキング」を捏造か!?

フジテレビ『バイキング』番組公式サイトより

写真拡大

「これは絶対違うだろう」
「完全な捏造」
「デタラメにも程がある」
「もうこの番組のランキングは信用できない」

 ネット上でこんな声が連打されているのは、8月14日に放送された情報番組『バイキング』(フジテレビ系)について。同番組では、街行く人へのインタビューを基に集計した「世間の注目ニュースランキング」を発表したのだが、あまりの不自然すぎる結果に視聴者も目がテンになったようだ。

 6位から順に発表されたランキングは、6位・警察官による中学生への自白強要、5位・世界陸上「男子400mリレー」で日本が銅メダル獲得、4位・社交界のプリンスが児童ポルノ禁止法違反、3位・紗栄子が実業家と破局、2位・雨上がり決死隊・宮迫博之の不倫疑惑という結果だった。

 ネット上では、リアルタイムで視聴していた人たちが1位を予想。圧倒的だったのが「上原多香子の不倫報道」だった。

「ところが、発表された1位はなんと『高畑裕太出演映画の撮り直し』でした。高畑が強姦致傷容疑で逮捕されたことにより、撮影中断となっていた映画『青の帰り道』が撮影再開となったという話など、芸能関係者の間ですらほとんど話題に上がりません。ましてや、宮迫の不倫疑惑よりも上位にくるなんて考えられません。VTRに登場した人物も“言わされた感”がアリアリでしたね」(芸能記者)

 上原の不倫疑惑については、『バイキング』だけでなく、『ワイド!スクランブル』(テレビ朝日系)を除いたほとんどのワイドショーがスルーという気味の悪さ。かろうじて『サンデー・ジャポン』『アッコにおまかせ!』(共にTBS系)がVTRを流すも、出演者のコメントはゼロだった。

「『バイキング』を見て笑ってしまったのは、上原の不倫をトップ記事で扱った『女性セブン』(小学館)の表紙を載せて、さも大ニュースと言わんばかりに同じ号にわずかに掲載されている高畑淳子・裕太親子の近況記事のページを開き、カメラを寄せていました。もしかしたら、当初、スタッフは『1位・上原』で編集していたところ、上層部からストップがかかり、苦肉の策で同じ誌面に載っている高畑の記事に差し替えたのかもしれませんね」(テレビ関係者)

 とはいえ、視聴者の声を元に作ったとうたったランキングの結果を捏造するのは完全にアウト。今後、『バイキング』が作成するランキングは視聴者に信じてもらえるのだろうか?

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網