戻る


家電ダイソン EV参入の噂 アストンから再び引抜き

@AUTOCAR

写真拡大 (全3枚)

自動車業界からダイソンへ 3名のキーマン

アストン マーティンの幹部が、英国の家電大手ダイソンに引抜かれた。昨年に続く今回の動きに、業界内ではダイソン初の自動車製造について、様々な憶測が飛んでいる。

デイビッド・ワイヤーは、22年間を過ごしたアストン マーティンを去る。彼は、購買部門の幹部であったが、ダイソンでは調達部門を率いることになる。

彼はSNSを通じて、アストンへ感謝の言葉を贈るとともに、ダイソンに入社することを明かしたが、この家電メーカーにくわわった業界関係者は他にも存在する。

アストン、テスラの幹部 ダイソンへ

昨年は、やはりアストン マーティンの生産部門ディレクター、イアン・ミナーズがダイソンに移籍し、新天地でそれまでと同じ職に就任している。


さらにダイソンは、今年すでにテスラの広報渉外担当の幹部、リカルド・レジェスを引抜いている。こうなると、電気自動車の噂が出るのも不思議なことではない。

そもそもこの問題。わが英国政府の発表した文書が発端なのである。

英国政府とダイソンの関係

ダイソンに関する一連の噂は、昨年に始まる。英国政府の文書に「政府は、ダイソンによる新型バッテリーEVの開発を資金面で援助する。これは、同社が所在するマームズベリー地区に£174 million(245億円)を投資し、エンジニアを中心に500名の雇用創出を約束するものだ」と記されたことから始まっている。


しかしその後、すぐに該当文書には変更がくわわり、「政府は、ダイソンによるバッテリー技術の研究開発をサポートするために、最大で £16 million(27億円)の補助を行う」という内容に上書きされた経緯がある。

つまりダイソンは、EVの開発に関して、可能な限り情報を伏せておきたいのだ。

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網