戻る


山里亮太 過去の破天荒エピソードを「いい思い出話」のように話す人々に苦言

南海キャンディーズ・山里亮太

写真拡大

16日深夜放送のラジオ番組「山里亮太の不毛な議論」(TBSラジオ)で、お笑いコンビ・南海キャンディーズの山里亮太が、過去の破天荒エピソードを「昔のいい思い出」として話してしまう人々に苦言を呈した。

番組ではリスナーから届いた「ヤンキー」にまつわるメールをきっかけに、山里が「ヤンキー」について語っていた。

中でも、山里は「昔はヤンチャだったからね」「悪さしてたけど、それは昔ですよ」と話す人がいることを例にあげ「スゲェいい思い出みたいな空気を出すけどさ…」「被害者サイドから言うと、結構人生変わっちゃった人もいるんじゃないかな?」と苦言を呈したのだ。

さらに山里は「よく悪い人とかテレビで『昔ムチャしてて』とか言う人たちは1回さ、被害者で人生変わっちゃった人のコメントも受けてほしいよね」とチクリ。

「やられた人って、結構人生変わっちゃってない?」「学校行けなくなっちゃった人とかいるバージョンの、そのコメントを受けるシーンもほしいなっていつも思う」と被害者側の声や、その後の人生について聞いてみるべきだと主張。

山里は、被害者側のコメントを直接、加害者側にぶつける様子を「見てみたいんだよね1回」「1度でいいから見てみたい」と熱望。そんな山里自身も、かつて授業が集中できないほど恐い人がいたことを振り返りつつ「それを肯定されちゃうとって思う」と、異論を唱えていた。

【関連記事】
・山里亮太 「鳥人間コンテスト」めぐり受けた注意「全体的に静かにして下さい」
・山里亮太が「ガラの悪い人」にボコられたロケ 警察沙汰でお蔵入りに
・山里亮太が母親からの指摘を告白「DMMは何代に入れたらいいの?」

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網