戻る


デート代を奢る男性の心理5つ 好意があるの?それとも…

デート代を奢る男性の心理5つ 好意があるの?それとも…/photo by GIRLY DROP

写真拡大

【恋愛コラム/モデルプレス】男性と二人でデートに行った際、当たり前のようにその場で奢ってくれる男性がいますよね。その行動によって「もしかして私に好意がある?」と思ってしまいがちですが、一概にそうとは言えないようです。デート代を奢ってくれる男性の行動には、どうやら様々な心理が隠されているみたいですよ。

【他の記事を見る】男性が「この子性格いいな」と感じる女性6の特徴

♥陰で色々言われたくないから奢る


女性の中には、男性と二人で食事をしたら男性が奢るのが当たり前だと思っている人もいます。

もちろんそれは男性も分かっているので、女性に食事代を払わせた際に陰で色々言われたくないから奢るという人も。

「女性にお金を出させるなんて」とか「奢るのは当然なのに」など、陰で言われているのを知ったらショックですよね。

プライドが高いタイプの男性なら、尚更自分が女性から悪く言われるのを嫌うため無理をしてでも奢ってしまうでしょう。

もし奢られて当たり前という考えでないのなら、しっかりとそれを男性に伝えてみれば男性は良い印象を持つ可能性があります。

♥奢ることで太っ腹な部分を見せたい


女性にケチだと思われたくないと考えている男性は少なくありません。

それは好きな相手だろうと友達だろうと関係なく、女性全般に対して思っていることです。

だから、一緒に食事をした際にケチだと思われないよう太っ腹な部分を見せたいから奢るのです。

ケチ=器が小さいと思われてしまいがちなのも、男性は知っているので奢るという行為で器が大きいことを見せたいという場合もありますよ。

そういう男性には、しっかりとお礼を言って男性を立てるようにすると良い気分になってくれるでしょう。

♥女性にお金を出してと言い辛いので渋々奢る


少し気弱な男性なら、女性にお金を出して欲しいと言い辛いため奢る人もいます。

お金を出して欲しいと伝えて、断られてしまったり機嫌が悪くなってしまったりするのが怖いのでしょう。

過去にそういう経験がある人も、女性にお金の話題を振る事をやめようと決めている場合もあるでしょう。

そのため、一度デートしても一切お金を出そうとしない女性は二回目のデートにも誘わない可能性があります。

出来るだけ女性も自分からお財布を出し、まずはお金を払う姿勢を見せてみましょう。

♥奢れば次回のデートに誘う口実ができると思っている


女性に気があるから奢るという人は勿論いますが、更にその上をいくテクニックとして次回のデートに誘う口実を作るために奢る男性もいます。

女性も奢られるのが気まずいとか申し訳ないと感じる人も多いので、お金を出そうとしたり渡したりしますよね。

そういう時に「今回は奢るので次回は〇〇さんの奢りにしましょう」と、自然に次回のデートに誘う事ができるのです。

そうすると女性も「じゃあ今回は…」と引きやすくなるので、お互いにメリットとなる部分が大きいでしょう。

もちろん次回のデートも男性は奢るつもりの場合がほとんどですが、もし誘われたらお金を払うつもりでデートに行ってくださいね。

♥デート代は男性が出すものという考えから奢るようにしている


女性の中にデート代は男性が払うものと思っている人がいるように、男性もデート代は男性が払うものと思っている人もいます。

それはプライドなどの問題ではなく、親や友人の間で常識のようになっているのでそう信じて疑っていないため奢るのでしょう。

だから女性が食事代を含めデートに掛かるお金を出そうとすると、男性は疑問に思ってしまう場合があります。

もし自分もお金を出したいと思っているなら、まず男性の意識を変えるところから始めないといけないかもしれません。

それでも納得してくれないなら、お金ではなく他の部分で手助けをするなど方法を変えて付き合っていくのが良いでしょう。

いかがでしたか?

男性の奢るという行為には、様々な心理が隠されているのです。

奢ってもらったから好かれていると簡単に考えず、男性の性格や思考を踏まえて対応してみてください。

そして毎回奢ってくれるからとそれを当たり前に思うのではなく、毎回しっかりとお礼を言い自分からお金を出す素振りを見せるようにしましょう。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網