戻る


私が出会った日本人は悪い人ではなかった―中国コラム

中国版ツイッター・新浪微博で16日、「日本の良い人」と題したコラムが掲載され、中国人の体験談が紹介された。資料写真。

写真拡大

中国版ツイッター・新浪微博で16日、「日本の良い人」と題したコラムが掲載され、中国人の体験談が紹介された。

私は7年前から遼寧省大連市にある日本企業の工場で働いていた。日本の電子機器メーカー向けに包装材を生産し納品する企業だった。工場長は日本人で中国語ができなかったが、中国人に対しても礼儀正しく親しみやすい人物だった。

ところが先月、工場は閉鎖を通知し、中国人従業員の間に衝撃が走った。業績悪化での閉鎖だったため、従業員らは補償金を受け取れないのではと不安になったのだ。中国人の幹部が中心となって日本の本社と交渉したが、中国人従業員側が提示した補償金額が高額だったために交渉は難航した。

中国人従業員側が提示した金額は一般的なケースの4倍近い額だった。日本人も当然中国の法律を理解していたため給料の倍を支払えば問題はなかったが、最終的には3倍以上の金額で折り合いがついた。私は中国の企業にも勤めたことがあるが、ここまでの厚遇はまずありえない。法律にのっとり最低限の賠償を支払っても誰も文句は言えないが日本人はそうはしなかった。

日本人の悪口を言う人が少なくないが、日本人を理解していない状況でそのような発言はするべきではない。日本人の肩を持つつもりはないが、私が出会った日本人は悪い人ではなかった。(翻訳・編集/内山)

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網