戻る


「今井絵理子」と「不倫市議」が越えた“人として”の一線 破綻の嘘と突然の離婚要求

「一線は越えていない」と釈明(撮影・堀田喬)

写真拡大

人として“一線を越えた”「今井絵理子」と「不倫市議」(2)

 今井絵理子・参議院議員(33)は、橋本健・神戸市議会議員(37)との略奪不倫について「一線は越えていない」と釈明し、失笑を買っている。一方の橋本氏は、“自分の婚姻関係は4〜5年前から破綻している”“既に破綻している婚姻関係は自由恋愛を妨げないと認識した”との言い訳だ。

 橋本氏の妻の代理人からは、2人に宛てて「抗議文」が送られたというが、

「彼が述べている『婚姻関係の破綻』というストーリーもまったくの嘘」

 と、抗議文の中身とも重なる真相を明かすのは、橋本氏妻の知人である。

突然の離婚の申し出

「そもそも、橋本は、あちこちで遊び歩いて、家に帰ってこない夫だったんです」

「一線は越えていない」と釈明(撮影・堀田喬)

 橋本氏はキャバクラ狂い。酔っては外泊を繰り返していたという。ある時同僚が「夫婦仲は大丈夫なの?」と聞くと、「双方の努力の賜物だから」と答えていたそうだが、それでも、時折帰るのは、妻と子の待つ自らの家。別居状態ではなく、離婚の合意もない。喧嘩は絶えないにしても、「婚姻関係が破綻」している状況にはなかったのである。

 ところが、だ。

 知人が続ける。

「去年の8月になって、突然、橋本が離婚の申し出をしてきた。そして、9月になると、いきなり近くにマンションを借り、家を出ていってしまったんです」

 急で強引な“変心”である。昨年8月や9月と聞いて、すぐピンとくるが、これは、橋本氏が今井議員と会って4カ月目、そして、今井議員が当選した参院選の直後に当たる。選挙中、橋本氏は東京に入り浸り、今井議員を手伝っていた。橋本氏の“変心”と今井議員との関係に何らかの因果関係があるのは、もはや容易に想像できるのである。

“判を押してくれ”

 知人の話。

「もちろん橋本は、別居後も生活費は奥さんに渡していました。しかし、しばらくすると勝手に減額するようになったんです。2人の子を抱えた奥さんは困ってしまった。それで仕方なく弁護士を付け、生活費をきちんと支払ってくれ、という婚姻費用分担の調停を起こしたんです。すると3月、橋本は逆にいきなり離婚調停を申し立ててきた」

 妻にとってみれば、「一方的に出ていったくせに何を言っているのか」。都合のよい切り捨てを認めるワケにはいかない。調停でそう主張していた矢先に、本誌(「週刊新潮」)による不倫報道が出た。これを略奪不倫と評することのどこが誤りだというのだろうか。

 ここまでの経緯だけでも、厳しい非難は免れないが、さらに本誌が発売される前日の7月26日、橋本氏は仰天の行動に出ていた。

「いきなり、奥さんのところに“会いたい”と連絡をしてきたのです。既に奥さんは週刊新潮の取材を受け、不倫のことを知っていました。代わって弁護士が会うと、何と言ったと思いますか? “離婚届に判を押してくれ”ですよ。そんなことは出来ない、と弁護士は席を立ったんです」(同)

 すると橋本氏は、しつこく、今度は妻の実家に赴いたのだという。

「橋本が行くと、ちょうどご両親が外出するところに出くわした。で、同じように、離婚届を出したのです。さすがに両親も怒って、話すことはない、と」(同)

 記事が出る前日に離婚を成立させ、不倫ではないと強弁し、虚偽の「婚姻破綻ストーリー」を補強しようとしたのであろう。

 頭にあるのは、自分と今井議員の“保身”だけ。妻や2人の子どものことは頭にまったくない。議員として、ではなく、人として「一線を越えた」卑しさを十二分に感じさせるのである。

妻の実家から資金援助

 実際、自民党兵庫県連の関係者に取材してみても、

「確かに橋本の行状に奥さんは頭を痛めていましたが、夫婦仲が破綻していた印象は薄い。例えば歯科医の資格を持つ橋本は5年前、歯科医院を開業しました。その際、奥さんの実家から資金援助を受けたと言っていました。また、2年前、橋本が3選した市議会議員選挙の出陣式には、奥さんも奥さんのご両親も顔を出しています」

 という類の証言がボロボロ出るし、何より橋本氏自身のFacebookを見ても、彼が主張する「4〜5年前」よりこちら側に、妻や子どもとぶどう狩りに行く写真や、一緒に撮ったプリクラ写真などがアップされているのだ。

 むろん、こうした状況は、今井議員も少し調べればわかるはず。逢瀬を重ねたのが、橋本氏の破綻証言を鵜呑みにしたからだとしても、それが免罪符になるワケがない。その上で、「(橋本氏を)尊敬している」「好意がある」などと明言しているのだから、妻から「同罪」「共犯者」と見られても仕方ないのである。

橋本氏の妻は…

 一連の経緯について、2人に聞いてみると、

「記者会見でお話しさせていただいたとおりです」(橋本氏)

「先週、貴誌の取材に答えた内容とブログに発表したコメントの内容が全てで、それ以上はお答えするつもりはありません」(今井議員)

 と言うのみである。

 本誌は、橋本氏の妻に取材を申し込み、話を聞いている。時に涙をあふれさせながら、彼女はこう述べた。

「私、昔のアイドル時代の姿しか知りませんけど、今井さんはもちろん彼が妻子持ちだってことは知ってるんですよね。国会議員なら、こういうのが出たら、自分だけじゃなくて、私や子どもにも影響が出ることはわかっていますよね。そういうこと考えていないんでしょうか。私は今井さんのお子さんも心配。お母さんは家にいなくて、不倫をしていると知ったら。育児のこと、家族のことを語って、それなのに……」

 そして、改めて取材を申し込むと、代理人弁護士が大要、以下の内容の文書を送付してきた。

〈(今井、橋本両氏の)マスコミに対する釈明には、(妻への)謝罪がないばかりか、(妻に)離婚事由に相当する問題があるなどという極めて不誠実な釈明に終始するなど、(妻は両氏の)言動により多大なる精神的・肉体的負担を強いられています〉

 改めて言おう。

 今井議員は、不貞によって、それが発覚した後の数々の「嘘」によって、一つの家庭を崩壊させた。それでも彼女には、胸に議員バッジをつけ、人に政策を語り続ける資格があるのだろうか。

 ***

「週刊新潮」2017年8月10日号 掲載

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網