戻る


93歳元米兵、日章旗返還へ=「いつか遺族に」実現

サイパン島から持ち帰った日章旗を持つ元米海兵隊員のマービン・ストロンボさん(中央)。左は日本遺族会の水落敏栄会長、右はNPOオボンソサエティのレックス・ジーク共同代表=13日午後、東京都千代田区

写真拡大

 第2次世界大戦の激戦地・サイパン島から持ち帰った日章旗を返還するため、93歳の元米海兵隊員が来日し、東京都内で13日に記者会見した。「本来の持ち主にずっと返したかった」。終戦記念日の15日、岐阜県の遺族に直接手渡す意向だ。

 モンタナ州在住のマービン・ストロンボさんは1944年6月にサイパンへ上陸。戦死した日本兵が身に着けていた署名入りの日章旗を発見した。「いつか家族に返したい」との思いで米国に持ち帰った。「罪悪感も覚えたが、そのまま残せば永遠に失われてしまうと思った」と振り返る。

 70年以上にわたり自宅に保管してきたが、今年3月、ストロンボさんの娘が日本兵の遺品返還活動を行っている米国のNPO「オボンソサエティ」に連絡。日本遺族会などとの連携で、持ち主は岐阜県東白川村出身の安江定男さん(当時25歳)と判明した。

 日章旗には戦いでの無事を願う「武運長久」の文字が大きく書かれ、約180人の署名が記されている。安江姓が多かったことから出身地を特定できた。安江さんの遺骨は見つかっていないという。

 ストロンボさんは15日、東白川村を家族と共に訪れ、安江さんの弟辰也さん(89)ら遺族に日章旗を届ける。会見で「彼の最期の様子を伝えたい。私にとっても一つの終止符になるだろう」と話した。 

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網