戻る


青森「コンビニに玄関がない!」 東京「そんなのない!」どういうコト?

生活に欠かせない存在といってもいい、コンビニエンスストア(以下、コンビニ)。

※写真はイメージ

全国展開をしているコンビニであれば、どこに行っても同じ店がある…そう考えている人も多いのではないでしょうか。

実はコンビニは、その立地によって若干、形態が違うようです。

その違いに驚愕し、写真をTwitterに投稿したのは、青森県PRおじさん(@niyamakeitarou)さん。非公認ながら、青森県の魅力をツイートし、注目を集めています。

そんな投稿者さんが、東京のコンビニに行った時のこと…青森のコンビニには存在する『あるモノ』がないことに驚いたといいます。

それは『玄関』!!!

※写真はイメージ

東京に住んでいる人にとっては、コンビニに玄関がないのは当たり前です。

一体、どういうコトなのでしょうか。投稿された『玄関』付きのコンビニの写真を見ると、その理由がよく分かります!

げ、玄関???

確かに、玄関のような部屋が設置されています。

実は「この玄関のような部屋」は風除室(ふうじょしつ)と呼ばれるもので、屋外の冷気や熱気の流入を妨げ、屋内の室温を保つために設置されるもの。

気温の低い青森県では多く設置されているため、投稿者さんは「玄関が付いているのが当たり前だ」と思い、東京のコンビニで驚いてしまったようです。

ちなみに、この風除室は「風よけ」という意味合いで、簡易的な風除室が設置されることもあり、海の近くにあるコンビニなどにもあるんだとか。

※写真はイメージ

茨城や千葉などで「目撃したことがある」といったコメントも多く寄せられています。

また、地域によって呼び方もさまざまなで「結界」という通称で呼ばれている地域も…。ほかにも「北海道のコンビニには、意外と少ない」「東京の街中以外ならどこにでもある」といった情報も寄せられています。

暑い寒いに関わらず、外気の流入を制限して空調効果を高めることができる風除室。「玄関フード」という別名もあり、そういう意味では投稿者さんの『玄関』という呼び方も間違いではないようです。

[文・構成/grape編集部]

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網