戻る


藤光はリレーのスペシャリスト!速水もこみち似の金箔スプリンターが日本を救った/世界陸上

男子400メートルリレー決勝 3走・桐生祥秀(右)から4走・藤光謙司へのバトンリレー=ロンドン(撮影・川口良介)

写真拡大 (全3枚)

 陸上・世界選手権第9日(12日、ロンドン)男子400メートルリレー決勝で、多田修平(21)=関学大、飯塚翔太(26)=ミズノ、桐生祥秀(21)=東洋大、藤光謙司(31)=ゼンリン=の日本は38秒04で昨年のリオデジャネイロ五輪2位に続く表彰台で世界選手権では初メダル。今大会の日本勢のメダル第1号となった。

 「去年で(現役を)終わることも一瞬考えたけど、支えてもらった方々のおかげで、いまここに自分がいる」

 彫りが深い顔以上に、走りで目立った。3走の桐生からバトンを受け取った藤光は、現役最後のレースとなったウサイン・ボルト(30)=ジャマイカ=が脚を痛め、会場が騒然とする中、フィニッシュラインだけを見すえて激走。スプリント大国の英国、米国に次ぐ堂々の3位に、喜びを爆発させた。

 俳優の速水もこみち似と知られ、近年はリレー要員として日本短距離を支えてきた“スペシャリスト”だった。2013年世界選手権(モスクワ)では山県亮太(当時慶大)が大会期間中に負傷離脱するや急遽、2走に入って6位入賞に貢献した。予選で2走を務めた2年前の前回大会(北京)は、まさかの予選落ち。今大会はケンブリッジ飛鳥(24)=ナイキ=が予選でアンカーとなったが、メダルのプレッシャーがかかる決勝では最終走者に抜てきされ、期待に応えてみせた。

 昨年はリオデジャネイロで悲願の五輪初出場を果たしたものの、個人種目の200メートルは予選落ち、400メートルリレーでは補欠に回り、銀メダルの快挙にわいた後輩たちをたたえる一方で悔しさを味わった。

 200メートル決勝で右脚を痛め、起用が見送られたサニブラウン・ハキーム(18)=東京陸協、決勝はメンバーから外れたケンブリッジはスタンドで観戦していた。2人の無念を背負い最後の直線を駆け抜けた。

 「最高ですね。予選を通過してくれたケンブリッジ、サポートをしてくれたハキームの分まで走りたいと思っていた」

 千葉・白井市の金箔エステサロンの常連で、リラックス効果がある金箔を顔や腕に施す。競技人生は故障がちでずっと痛みと筋肉と向き合ってきた。リレーでメダル常連国となった日本の屋台骨を支える日本短距離界の兄貴分が、金色に負けない輝きを放った。

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網