戻る


「連続殺人ゾウ」を射殺へ インド

インド・西ベンガル州ブルドワーン地区の村で住民を襲う野生のゾウ(2016年3月20日撮影、資料写真)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】インドで11日、15人の犠牲者を出している「殺人ゾウ」を射殺するための追跡作戦に同国随一のハンターが乗り出した。

 問題のゾウは3月に東部ビハール(Bihar)州で4人を踏みつけて死亡させた後、隣のジャルカンド(Jharkhand)州へ移動してさらに11人の命を奪った。政府は12日の「世界ゾウの日(World Elephant Day)」を前に、射撃の名手であるナワブ・シャファト・アリ・カーン(Nawab Shafat Ali Khan)氏にこのゾウの処分を頼んだ。

 ジャルカンド州森林・野生生物保護管理当局のL・R・シン(L.R. Singh)氏によれば、ゾウを麻酔を使って捕獲する作戦を1週間行ったが失敗したために、射殺する決定が下されたという。

「すでに多くの命が失われている。過去4日間でも2人死亡している」「休まず働いた当局とわれわれの努力にもかかわらず、射殺を命じるしかなかった」と、シン氏は話した。
【翻訳編集】AFPBB News

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網