戻る


下半身の不安拭えず 日ハム大谷は今季「野手専念」濃厚か

「いろいろなパターンがあるよね」

 日本ハムの栗山監督が、左太もも肉離れで離脱中の大谷翔平(22)に関してこう言っている。野手だけでなく、投手として復帰する可能性もあるということだ。

 18日には60メートルほどの遠投も行ったが、「投手としての復帰はあり得ませんよ」と、さる日本ハムOBがこう言った。

「大谷はキャンプから現在に至るまで、本格的な投球練習を一度もやっていません。栗山監督は開幕直後、大谷がブルペンで160キロ近い球を投げていると言ったが、実際は傾斜の付いた場所で捕手を立たせて投げただけだと聞いています。スピードもそこまで出るはずがありません。投手は野手と比べて、実戦までにやるべきことが多いというのが現場とフロントの共通認識。野手として復帰するのは間違いありません」

 大谷が離脱したのは4月8日。今週末で当初の復帰予定だった6週間目を迎えるものの、依然として全力疾走できない状態が続いている。野手としての復帰は、早くて6月下旬か7月に入ってからになる。

 それから投手の調整を始めるとすれば、一軍での実戦登板はシーズン終盤にズレ込むうえ、さらなる問題もクリアしなければならない。以前からの懸案事項である右足首痛だ。

「左太もも肉離れで満足に動けない分、右足首は快方に向かっているといいますけど、神経を刺激している三角骨を取り除けば完治するという単純な問題ではないと聞きました。どうやら右足首の靱帯まで痛めているようです」(前出のOB)

 大谷がここまで、本格的な投球練習をしていない、いや、やらせてもらえない最大の理由は下半身が不安だからだ。下が万全でなければ、どうしたって上体に頼った投げ方になる。その結果、投手にとっての生命線ともいうべき肩や肘を痛めれば、それこそ取り返しがつかない。今オフ以降のメジャー挑戦を控える大谷にとって、それだけは避けなければならない事態なのだ。

 右足首痛が三角骨だけでなく靱帯も影響しているとすれば、なおさら投手としての起用には慎重にならざるを得ない。前出のOBによれば「球団内部には今季は野手に専念させるべきとの声もある」そうだ。

 野手として復帰するのはもちろん、今季は最後までマウンドに上がらないかもしれない。

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網