戻る


国内最古…石垣島で2万7千年前の人骨発見

国内最古…石垣島で2万7千年前の人骨発見

写真拡大

 沖縄の石垣島で国内最古となる約2万7000年前の旧石器時代の人の全身骨格が見つかった。日本人の起源の解明につながる可能性がある。

 沖縄県立埋蔵文化財センターは、沖縄県石垣市の「白保竿根田原洞穴遺跡」で見つかった旧石器時代の19体分の人骨のうち1体が、全身骨格が残った人骨としては国内最古の約2万7000年前のものとみられると発表した。

 人骨の発見年代としては、これまで国内最古とされていた「港川人」より約5000年もさかのぼるもの。

 見つかった骨は、ほとんどが埋葬されずに安置されていたことから、風葬で葬られたとみられ、旧石器時代の葬送思想や、日本人の起源を解明するうえで貴重な発見だという。

 発見された人骨は、20日から一般公開される。

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網