戻る


木村拓哉SMAP解散絡め作品批判「全然構わない」

(C)沙村広明/講談社 (C)2017 映画「無限の住人」製作委員会

写真拡大

【カンヌ(フランス)18日(日本時間19日)=横山慧】開催中の第70回カンヌ映画祭で、特別招待作品に選ばれた木村拓哉(44)主演映画「無限の住人」(三池崇史監督)が、公式上映された。木村はレッドカーペットを歩き、作品上映を終えて大歓声を浴びた後、日刊スポーツなどの取材に応じ、率直な今の気持ちを語った。

 タキシード姿の木村は、上映直後に2300人の観客からスタンディングオベーションを浴びると、席から立ち上がって、少し照れくさそうに笑った。うなずきながら三池監督、杉咲花(19)と続けてガッチリ握手し、ホッとしたような表情を浮かべた。三池監督の手をつかんで掲げ、観客にアピール。13年ぶりのカンヌ国際映画祭で、作品に対する確かな「答え」を、身をもって感じた。

 上映を終えて30分後、三池監督、杉咲とともに取材に応じた。「カンヌの方は、格好はフォーマルだけど、映画の見方はすごくカジュアル。拍手だったり、笑い、驚きを、そのまま表現してくれて。今日の上映は一方通行じゃなかったなと思えて、すごくうれしかったです」と満足げだった。

 撮影がクランクアップした昨年1月は、SMAP解散騒動の渦中にいた。騒動を経て、同8月に解散発表、年末をもって解散した。木村は常に話題の中心だったが、時には批判の的ともなった。「無限−」は解散後初の公開となる主演作。木村が最初に事務所残留を選択したこともあり、インターネット上などでは、作品の出来栄えについて、否定的な意見も見られた。

 「まあ、ネガティブキャンペーンじゃないですけど、そういうことがあるのも事実だし、あっても全然構わないと思いますけど」

 自身への「否定派」の存在を受け止めた上で、自信を持って言い切った。

 「間違いない三池崇史監督がいるし、杉咲花がいる。他の共演者もスタッフもいる。自画自賛ということではなくて、満足感を得られる時間を、今日の上演後に感じることができたのが、一番間違いない『答え』なんじゃないかと思います。僕らはしっかりとした『答え』を持っているので」

 外部からの「雑音」があってもブレない強い心を強調した。

 SMAP解散後、ソロとしての第1歩となる映画祭への出席だった。英ロンドン在住の記者からは、解散について「寂しくないのか」と質問されたという。

 「そこを自分の中で引きずっていたら、きっと今日も歩けなかっただろうなと思います。事実は事実として(受け入れないと)」。

 既に、気持ちを切り替えている。

 「(カンヌに)戻ってくるというか、そうなれるように。1度きりのタキシードもなんなので、また袖を通せたらなと思いました」

 本場での「答え」を自信にして、木村は1人の俳優としての道を歩いていく。

 ◆無限の住人 沙村広明氏が93年から約20年間「月刊アフタヌーン」に連載した漫画が原作。妹を亡くし重傷を負った万次(木村拓哉)がなぜか不死身にさせられ、50年後、妹にうりふたつの凜(杉咲)の敵討ちの手助けをする。

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網