戻る


スマホの次は音声認識デバイスが覇権を握るのか!?

ついに、AI搭載のスマートスピーカーが日本国内でも入手できるようになる。

Googleは、カリフォルニアで開催されている年次開発者イベント「Google I/O 2017」において、同社のスマートスピーカー「Google Home」の日本国内発売を発表した。今夏を予定しているという。

Google Homeは昨年、米国で発売されたAIを搭載したスマートスピーカー。同社の対話型AI「Google Assistant」を搭載しており、家庭内の様々な家電製品と連携してコントロールしたり、音声で尋ねれば本日の予定や天気を答えてくれたりと、まさに執事のような存在として振る舞ってくれるのだ。

 

Google I/O 2017 | New features coming to Google Home ー YouTubeより

 

今回、日本語への対応に加えて機能拡張も発表されており、音声で「○○さんに電話」などと呼びかけることで、Google Homeがスピーカーフォンとなって電話ができたり、テレビと接続するAndroidデバイス「Chromecast」との連携により、検索結果をテレビで確認できるようになったりするという。

これまでは日本語未対応ということで、国内では「Google Assistant」を利用する機会が少なかったと思うが、Androidスマートフォンでの音声検索「OK, Google」の機能拡大版と捉えればイメージがしやすいかもしれない(Google Alloは対応済み)。

[JBpressの今日の記事(トップページ)へ]

ブームのきっかけはAmazonのAlexa

ご存知の方も多いと思うが、今、世界中でAI搭載のスマートスピーカーが人気を博しており、各社こぞって開発を進めている。

きっかけは、2014年末に発売されたAmazonの「Amazon Echo」。同社のAI「Alexa」を搭載しており、米国ではクリスマス前に品切れになるほどの大ヒット商品となった。

何がそこまで人々を引きつけているのかというと、他の機器との接続性であろう。これまでの単体で完結していた音声入力可能なデバイスとは異なり、本機がハブとなって様々な機器を音声でコントロールできるようになる。まるで一昔前のSF映画で見たような、未来的な生活が実現するわけだ。

しかも、ただの音声入力機能を提供するだけでなく、AIによる学習機能が備わっている。使えば使うほどユーザーの声の特徴などを学習し、反応が正確に速くなっていくという。

単に便利なデバイスが登場したという見方もあるだろうが、実は今後のコンピューティングにおいて、大きな意味を持ちそうだと筆者は捉えている。

 

コンピューティング体験を変えるユーザーインターフェース

1970年代ごろから登場したと言われるパソコンだが、入力装置としてはキーボード、あるいはマウスなどが主流であり、30年以上も同じ方法が取られてきた。

それがスマートフォンの登場によって、変化が現れる。2007年に登場したAppleの「iPhone」は、タッチパネルでの入力を前提としており、タップやスワイプという新しい操作方法が一般的なコンピューティング体験にもたらされた。

今や若年層においてはキーボード入力よりも、フリック入力の方が速く文章作成できるとも言われるほどに定着している。このように、ユーザーのコンピューティング体験を変化させるのに、ユーザーインターフェースは大きな影響力を持っているのだ。

そして、今回のAmazon EchoやGoogle Homeにおいては、AIアシストによる音声コントロールという操作方法がもたらされる。これは、家庭におけるコンピューティング体験を大きく変えるきっかけになるのではないだろうか。

特に、超高齢化社会となっていく日本においては重宝されそうである。キーボード操作よりも音声でコントロールできた方がはるかに自然であり、高齢者にとって利用障壁が格段に下がるのは当然であろう。

そのように考えていった場合、一般的なユーザーのコンピューティングがパソコンからスマートフォンに移り変わりつつあるように、将来的にはスマートフォンから音声コントロールデバイスへと変わっていくのかもしれない。

そうした見通しを持っているからこそ、各社ともスマートスピーカーの開発に乗り出しているのではないだろうか。

日本国内での発売一番乗りはGoogle Homeになりそうだが、Amazon Echoの発売も噂されるほか、チャットツールが国内で格段の普及率を誇っているLINEも自社のAI「Clova」を搭載したスマートスピーカーを今秋に発売するとしている。

今後、次世代デバイスの覇権を巡って、スマートフォンOSの時のような競争が激化しそうだ。そこから生まれてくる未知なる体験を楽しみに待ちたい。
 

筆者:Fumiaki Ogawa (IoT Today)

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網