戻る


貧困で病院に行けず、気づけば末期がんに 民医連調査の悲惨な事例

2016年に経済上の理由で医療機関の受診が遅れて死亡した人は、全国で少なくとも58人に上るという。全日本民主医療機関連合会(民医連)が今年4月、「2016年経済的事由による手遅れ死亡事例調査資料」を発表した。

民医連は、全国の病院や薬局、特別養護老人ホームなどの連合体。現在、1700か所の事業所が加盟している。民医連に加盟する641事業所を対象に、2016年1月1日〜12月31日の死亡事例を調査した。

50代男性、糖尿病で働けなくなって妻とも離婚 無収入・無保険で治療を中断

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網