戻る


高須克弥氏 大西健介議員の「陳腐」発言に激怒したワケ「CMは女房の遺品」

高須克弥氏

写真拡大

19日放送の「情報ライブ ミヤネ屋」(日本テレビ系)で、高須クリニック院長の高須克弥氏が高須クリニックのCMをめぐり、民進党・大西健介議員に激怒した理由を語った。

番組では、高須氏が大西氏と蓮舫氏、国を相手取って引き起こした裁判騒動を特集した。きっかけは17日、大西議員が衆院厚生労働委員会で、悪徳美容外科の誇大広告問題について語っていたときの発言。

大西議員は「CMも陳腐なものが多い」「例えば、『イエス! ○○』とクリニック名を連呼するだけのCMとか」などと語っていた。高須氏のクリニックのCMは、最後に高須氏本人が「イエス! 高須クリニック」と言うのがお決まりだ。

この大西議員の発言に対し、高須氏はTwitter上で怒りを表明。1000万円の損害賠償金と謝罪広告の掲載を東京地裁に訴えた。

そこで番組では、高須氏に直撃インタビューし、その胸中を探った。まず、高須氏は大西議員に対して「(悪徳美容外科とは)全く無関係で、僕は悪者の仲間みたいになっちゃうから…怒りますよ」と語った。

さらに、同CMのコンセプトについて、高須氏は「女房が考えたんですよ」と明かす。それ故に「(CMは)女房の遺品ですので、ケチつけられると頭にくる」と表情を険しくさせたのだ。

そして、大西議員の「陳腐」発言について「どう好意的に解釈しようとしても『バーカ』って、やられている感じがする」と不快感を露わに。「最高裁まで、徹底的にやります」「僕の方に正義があるワケですから、絶対に勝ちます。イエス! 高須クリニック!」と闘志を燃やしている様子だった。

【関連記事】
・高須克弥氏 韓国特使の日韓合意をめぐる発言に怒り「従うわけないだろ。ボケ」
・高須克弥氏が国連委員会の日韓合意見直し勧告に抗議「国連拠出金を凍結しろ」
・高須克弥氏 Jリーグ・川崎の旭日旗問題に疑問「何でいけないんだ」

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網